2015年05月21日

魚介専用白ワイン 「海のワイン」ビオンタ

魚介専用白ワイン 「海のワイン」ビオンタ
海のワイン「VIONTA(ビオンタ)」のセミナーイベントに参加してきた。海沿いで潮風に吹かれて育った葡萄からできる「ビオンタ」。「魚介専用」と言われるほど魚料理に合う白ワインだ。「ビオンタ」は、スペインの「タコのガリシア風」で有名なリアスバイシャス地方のワイン。リアスバイシャス地方というのは、リアス式海岸の名前の由来になった有名な地域だ。

魚介専用白ワイン 「海のワイン」ビオンタ

魚介専用白ワイン 「海のワイン」ビオンタ

魚介専用白ワイン 「海のワイン」ビオンタ
使用するブドウはアリバリーニョ種というスペイン原産の最高の白ぶどう品種。希少な品種で、しかもすべて手摘みということで、手間とコストがかかっている。「ビオンタ」が少し高めなのはそういう事情もあるようだ。それでもAmazonで1本2,400円くらいだから、家で普段飲みできる範囲かもしれない。この価格帯にしては満足度がかなり高いのでオススメできる。

会場はカレッタ汐留の2階にある「ジャックポット汐留」。国内外の旬の牡蠣と、産地直送の野菜を売りにしているオイスターバーだ。

魚介専用白ワイン 「海のワイン」ビオンタ

魚介専用白ワイン 「海のワイン」ビオンタ
牡蠣を使った料理が次々と運ばれてきた。「ジャックポット」は、国産牡蠣の種類が豊富にそろっている。さっそく、「生牡蠣」だ。佐賀県の「唐津」と長崎県の「華漣(かれん)」の食べ比べ。お店の方によると、唐津から食べはじめるのがオススメだそうだ。

「牡蠣のアヒージョ」、「牡蠣とほうれん草のピッツァ」などが運ばれてきた。「ビオンタ」は、それだけで飲んでも美味しいワインだが、魚介料理に合わせると相乗効果で料理もワインも美味しく感じる。海からくる風の影響なのか、ミネラルや塩分が感じられる。そのせいか特に塩気のある料理によく合うようだ。

「焼き牡蠣」は、醤油と香草バターの2種類。「カキフライ」、最後は「蒸し牡蠣」と牡蠣づくしのコースだった。

魚介専用白ワイン 「海のワイン」ビオンタ

魚介専用白ワイン 「海のワイン」ビオンタ
思った以上に、牡蠣とビオンタの相性はよかった。さすがは「魚介専用」というだけのことはある。今度は刺身でも食べながら、家で飲むことにしよう。発売されたばかりなので、コンビニなんかにはまだ置いていない。家で飲みたければ、Amazonで購入することになると思う。

ビオンタのブランドページ⇒http://www.suntory.co.jp/wine/special/nueva/vionta/


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/1122

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)