2015年06月03日

江戸前ビストロ EDOGIN 新橋

江戸前ビストロ EDOGIN 新橋
サントリー「海のワイン ビオンタ」の企画で「江戸前ビストロ EDOGIN」を訪問した。海のワイン「ビオンタ」は、スペインの海沿いで育った葡萄で作る白ワイン。「魚介専用」と言われるのは、そんな生い立ちと無関係じゃないと思う。少し塩気を含んでいて、魚料理によく合う。和食とフレンチを融合させた「ビストロ EDOGIN」の料理とも相性はよさそうだ。

新橋駅から数分歩いたところに「江戸前ビストロ EDOGIN」はある。店内は広いとは言えないが、お店とお客さんの距離感が近く、他のお客さんも含めて一体感がある感じがいい。店内のセンスはいいが、気取りすぎないのでなんとなく落ち着く。新橋ぽくない雰囲気の店だ。僕らが入るとすぐに満席になった。客層は様々で、若い女性から家族連れまでいる。

江戸前ビストロ EDOGIN 新橋

江戸前ビストロ EDOGIN 新橋

江戸前ビストロ EDOGIN 新橋

江戸前ビストロ EDOGIN 新橋
さて、ビオンタを何に合わせるか。「本日の鮮魚のMIXカルパッチョ」というのがある。やっぱり魚にはビオンタだ。このチョイスは正解だった。でも意外と洋食風の料理にも合うかもしれないということで、「ビストロ EDOGIN」の名物「海老クリームコロッケアメリケーヌソース」を注文。コッテリとしたコクのある、なめらかなクリームがうまい。ほのかに海老の香りがする。もちろんビオンタにもよく合う。ビオンタは海老とも相性がよさそうだ。塩辛い料理にもいいので、今度は海老の塩焼きなんかに合わせてみよう。

江戸前ビストロ EDOGIN 新橋

江戸前ビストロ EDOGIN 新橋

江戸前ビストロ EDOGIN 新橋
「ベーコンとフレンチドレッシングのグリーンサラダ」、「牛フィレとゴルゴンゾーラのマリアージュ」、「桜えびのペペロンチーノ」なども注文。フレンチ担当のシェフは、フランス料理歴30年というだけあって、どの料理もしっかりとしている。すごくバランスがいい印象。

デザートは「メープルフレンチトーストアイスクリーム添え」と「ホットアップルパイアイスクリーム添え」。デザートもかなり美味しい。気軽な気持ちで頼んだので、かなり本格的なものが出てきて、逆にビックリした。最後に「イタリアンロースト」。これもおすすめだ。

江戸前ビストロ EDOGIN 新橋

江戸前ビストロ EDOGIN 新橋

江戸前ビストロ EDOGIN 新橋

江戸前ビストロ EDOGIN 新橋
「ビストロ EDOGIN」の創業は明治41年。今のご主人で4代目になる。最初は魚屋からはじまったそうだ。

2代目は「鎌田旅館」という旅館を経営していて、ホンダの創立者、本田宗一郎氏、2代目社長川島氏と親しくなり、ホンダの指定旅館にもなっていた。

3代目の榮太郎は川島社長の影響でヘルメット作りに目覚め、「SHOEI」という世界的なブランドを一代で築くまでになった。こんな話をしながら持ってきてくれた1枚の写真には、4代目もしっかりと写っていた。店内には昭和28年頃の店の看板が今も飾られている。100年を超える歴史はダテじゃない。地元新橋を大切にして、店の暖簾を守っていこうという気持ちを端々から感じる。古い店が次々と廃業する中、4代目の挑戦には素直に応援したい気持ちになった。


■ビオンタブランドサイト⇒ http://www.suntory.co.jp/wine/special/nueva/vionta/

■Amazon⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/B003U9PI64/


■店名:江戸前ビストロ EDOGIN
■住所:東京都港区新橋4-14-4
■電話:03-3436-4686


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/1124

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)