2015年08月26日

らぁめん 満来 新宿

らあめん 満来 新宿
久々に新宿の「らぁめん 満来」に行ってきた。僕が高校生の頃、東京に来て最初に食べたラーメンは、大勝軒、ホープ軒、利しり、桂花、そして満来だった。満来は自社ビルを建替える時に創業者が引退して、代替わりをした。そのタイミングで、長年満来を支えていた方が「らぁめん ほりうち」として開業。満来からほんの数十メートル先の並びに出店した。それ以来、僕は満来の味が恋しくなると、ほりうちに通った。たぶん満来には1回しか行っていないと思う。

満来といえば、なんといっても巨大なチャーシュー。普通のラーメン屋のチャーシューとは違ってかなりの大きさと厚さだ。そしてどデカイチャーシューが一枚、というか一塊、丼を横断するように乗っかっている。このインパクトはすごい。

満来のチャーシューは、その大きさからは考えられないほど、意外と食べやすい。醤油タレに漬けたチャーシューではなく、塩豚だからだろうか。肉質がしっとりとしているのもいい。

僕が注文した「ちゃーしゅーらあめん」は1,550円。ほりうちの「チャーシューらあめん」は確か1,300円だから、かなり高めだ。なかなかこの値段でラーメンを食べる気はしないけど、チャーシューがものすごくデカイので、高くても仕方ないかなと思えなくはない。

らあめん 満来 新宿

らあめん 満来 新宿

らあめん 満来 新宿
他のお客さんは、ほぼ全員がつけ麺を注文していた。つけ麺は昔ながらの酸味のあるタイプで、手打ち麺のうまさがストレートに伝わってくる。つけ麺の考案者は先日亡くなった大勝軒の山岸さんだけど、満来はかなり早い段階でつけ麺をはじめていたと思う。昔はつけ麺を出す店があまりなかったから、当時としては珍しかった。

店内には、順番待ちのための椅子が並べてある。最近のラーメン屋はわざと行列が外にできるようにしているとか、そんな話も聞くけれど、満来は違う。本来このくらいの配慮が欲しいところだ。僕らは4番目だったけど、店内は清潔で雰囲気もいいし、椅子は結構いい椅子なので、待っている間も快適に過ごすことができた。23時までやっているのもありがたい。ほりうちは21時までなので、遅い時間だと満来一択になる。この日もそんな事情だったんだけど、久々に来てみると満来も捨てがたいと思った。ラーメンもおいしくて、とてもいい店でした。


■店名:らあめん 満来
■住所:東京都新宿区西新宿1-4-10
■電話:03-3340-2727


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/1138

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)