2015年12月13日

ホープ軒本舗 大塚

ホープ軒本舗 大塚
大塚駅前にあるラーメン店「ホープ軒本舗」。昔からけっこう好きで、もう何年も通っている。西巣鴨に住んでいた頃からだから、10年以上は間違いないだろう。店員さんもいろんな人がいて、コロコロと何度も変わった。時間帯によっても味は変わるが、店員さんによっても微妙に変わってきた。昼は正面のカウンターのみの6席。夜は折り畳んであった横の席が開く。店を構えても屋台の雰囲気があるのはそのせいだろう。

ホープ軒本舗の暖簾には「SINCE1938」とある。これは創業者の難波二三夫氏が屋台「貧乏軒」を開業した年だ。その後、「ホームラン軒」を経て、「ホープ軒」として貸し屋台をはじめた。なんと103台もの屋台を貸し出していたらしい。その時屋台を借りていた人の中から、千駄ヶ谷「ホープ軒」、「土佐っ子」、「らーめん香月」などの人気店が生まれていった。

僕がよく頼むのは、「中華麺、味付け玉子」、ニンニクが大丈夫な日は迷わず「ニンニクダブル」が加わる。以前は緑色の芽ニンニクで強烈な匂いだったが、最近は少しおとなしくなったようだ。たぶん麺の量も減っている。以前は意味わからないくらいの大量だったけど、今くらいがちょうどいいと思う。

ホープ軒本舗 大塚

ホープ軒本舗 大塚
こちらはチャーシューメン。薄くてしっかりしたチャーシューと、少し固めで縮れた細麺。時間帯によってはかなり濃厚なスープ。この味に引き寄せられて、夜中、飲んだ後のおじさんたちが集まってくる。改装してからちょうど10年。大塚駅前の景色の一部になっているような店だ。
ホープ軒本舗 大塚
■店名:ホープ軒本舗 大塚店
■住所:東京都豊島区北大塚2-14-8
■電話:03-3940-0982


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/1160

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)