2016年03月11日

銀座 あなご屋 ひらい

16031101.jpg
銀座の「あなご屋 ひらい」に行ってきた。ひらいは、三原小路というちょっと寂れた感じのする横丁にある。ここは長屋になっていて、人気の「中華 三原」も同じ建物にある。「あなご屋 ひらい」は、日本橋の「玉ゐ 本店」の系列店。玉ゐで10年間店長を務めた平井氏が料理長をされている。

ひらいで扱っているのは、「めそっこ」と呼ばれる小ぶりのあなごだ。「めそっこ箱めし」には、ならび(2本)、いかだ(3本)、かくし(4本)の3種類ある。それぞれ、「ふっくら煮あなご」、「香ばし蒲焼」、「両のせ」を選ぶことができる。「両のせ」というのは、「ふっくら煮あなご」と「香ばし蒲焼」を半々という意味だ。

写真は「めそっこ箱めし」の「かくし(4本)」の「両のせ」。手前の切ってある2本が「香ばし蒲焼」で、一番奥が「ふっくら煮あなご」。もう1本はご飯とご飯の間に埋もれている。この日はランチだったが、やっぱりお酒と一緒に食べておきたい。メニューには、僕も好きな日本酒がいくつかあったが、極めつけは「あなご骨酒」だろう。これはあなご屋にしかないので、そのうち飲みに行こうと思う。

ちなみに、「めそっこ箱めし」には、ネギ、ワサビ、ゆず、お新香、ごま(すり鉢で自分でする)など、薬味がいくつか用意されている。お箸とスプーンがあるのもありがたい。店員さんの対応もいいし、メニューもしっかりとしている。ミシュランガイド東京2015でビブグルマンを獲得したのも頷ける店だ。

■住所:東京都中央区銀座5-9-5 長屋104
■電話:03-6280-6933


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/1184

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)