2016年03月24日

立呑 一平 巣鴨

立呑 一平 巣鴨

巣鴨には魅力的な立ち飲み屋が少ない。居酒屋はいくつかあるのだが、たいてい駅から少し歩く場所にある。やはり駅前で気軽に入れる立ち飲みがないと、軽く一杯飲んで帰る感じになはらないものだ。巣鴨駅前で最近お気に入りなのは、「立呑 一平」だ。ご主人はなんと50年以上寿司職人をしていた方。オープンして2年になるという。

写真は「酢の物」。コハダ、タコ、エビ、カニなどが入っている。いかにも寿司屋のツマミで出そうな品だ。これだけ料理がおいしくて、ほとんどが300円とくれば、立ち飲み好きにはたまらないだろう。

まだあまり知られていないので客は少ないが、この近辺で一番の立ち飲み屋なのは間違いない。立ち飲みも混み過ぎると居心地が悪くなるものだ。僕としては、今くらいの感じがちょうどいい気がする。

■住所:東京都豊島区巣鴨1丁目10−3

立呑 一平 巣鴨
「づけ鮪さしみ」500円

立呑 一平 巣鴨
2日前に行った時、隣の人が頼んでいて気になった「焼魚鮭」400円。この日はこれを食べるために再訪してみた。

立呑 一平 巣鴨
「”寒い夜”飲んだあとに、あったかいんだから・・・」と書かれていたので注文してみた「一平汁」300円。確かに寒い夜のシメには最高の汁ものだ。

立呑 一平 巣鴨
「あんきもポン酢」500円。さすが元寿司職人という感じのクオリティだ。

立呑 一平 巣鴨


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/1187

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)