2016年05月02日

世界の山ちゃん 所沢店

世界の山ちゃん 所沢店
お誘いをいただいて、「世界の山ちゃん 所沢店」に行ってきた。山ちゃんといえば、胡椒のきいた手羽先唐揚げ「幻の手羽先」が人気の居酒屋チェーン。ところが所沢店には、所沢店にしかない面白いメニューなどもあるということだ。サントリーの山ちゃん担当の方も来るので、生ビールやハイボールをはじめとしたサントリーのお酒と、山ちゃんの人気メニューを合わせつつ、山ちゃんのマニアックな裏話も聞けるという面白そうな企画。「幻の手羽先」に生ビールは間違いなく合う。しかも、「世界の山ちゃん 所沢店」は「樽生達人の店」。生ビールのクオリティはサントリーお墨付きということだ。

世界の山ちゃんは、東京都内には17店あるが、埼玉県には3店舗しかない(神奈川県も3店舗)。その貴重な1店が所沢にある。所沢駅西口からはじまる「プロペ通り」。日本の航空発祥の地が所沢ということで、プロペラにちなんで命名されたという。プロペ通りは全長300mあって、100以上の店舗が軒を連ねる所沢市内で最も賑わっている商店街だ。

「世界の山ちゃん 所沢店」は、そのプロペ通りの中頃を過ぎたあたりにある。お店が地下にあるということもあって、山ちゃんのどでかい看板を表に出せず、あまり目立っていない。立地は難しいが、そこは世界の山ちゃん。店内に入ると結構賑わっていた。

世界の山ちゃん 所沢店

世界の山ちゃん 所沢店
ご一緒したのは、フードジャーナリストのはんつ遠藤さん、「ワイン界の妖精」瀬川あずささん、世界の山ちゃんの山本会長とも親しいサントリーの山ちゃん担当Tさん。Tさんのマニアックな山ちゃんネタを聞きながら、食事が始まった。

世界の山ちゃんといえば、言わずと知れた「幻の手羽先」だ。胡椒が効いた独特の味わいが癖になる。山ちゃんに行った次の週も、また山ちゃんに行きたくなるほどの魅惑の逸品だ。ここでTさんのマニアックな話が始まった。「幻の」って、何が幻かという話である。そもそも「世界の山ちゃん」の何が「世界の」なのかというのも昔からの疑問だった。

Tさんが言うには、世界の山ちゃんは、創業時の店名は普通に「やまちゃん」だったそうだ。それが店員さんがふざけて「はい、世界の山ちゃんです」とか「~の山ちゃんです」と電話に出ていたら、山本会長が「それいいね!」ということで、改名をしたそうだ。「幻の手羽先」も似たようなもので、ふざけて言っているうちに山本会長の耳に入り、「幻の手羽先」という名前になった。そういうノリというか、聞いてすぐに店名を変えるほどの直観ってすごいと思う。

世界の山ちゃん 所沢店

世界の山ちゃん 所沢店

世界の山ちゃん 所沢店
山ちゃんの箸袋の裏に上手な手羽先の食べ方が載っていた。やってみれば簡単なのだが、知らないと意外と苦戦しそうだ。こういう風に分かりやすく書いてくれるとありがたい。くの字に曲がった部分を先に折ってしまって、別々に食べると簡単にきれいに食べることができるのだ。山ちゃんの手羽先はグラム数にも厳しい規定があるし、形状はもちろん一緒。慣れるとものすごく簡単にキレイに食べることができるのだ。

世界の山ちゃん 所沢店
世界の山ちゃんの地元、名古屋のご当地ラーメンと言えば「台湾ラーメン」。ニラ、ネギ、モヤシ、豚の挽き肉を唐辛子でピリ辛に炒めたものを乗せる独特のラーメンだ。今では名古屋を代表するご当地グルメの一つになっている。この日の最初の一品は、「台湾ラーメンの具!!」。台湾ラーメンの上に乗っている具だけという、ピリ辛の炒め物。これにも当然、サントリー「ザ・モルツ」の生ビールだろう。

世界の山ちゃん 所沢店
「所沢店限定メニュー」から、「松阪豚の豚しゃぶサラダ」。松阪豚は松阪牛で有名な松阪市で飼育されている三元豚。さっぱりとしてなかなか美味しい豚だった。

世界の山ちゃん 所沢店
「みそ串カツ」は、名古屋の赤味噌を使った山ちゃん屈指の人気メニュー

世界の山ちゃん 所沢店

世界の山ちゃん 所沢店
「酢玉ねぎ」は、名前の通り玉ねぎの酢漬けだ。山本会長の奥様が編集長をされている「てばさ記」という山ちゃんのかわら版が店内に貼られていた。なんとこれはほとんどが手書き。この中にも、酢玉ねぎの記事が出ていた。『酢タマネギでやせる! 病気が治る! 』という本が出ているほど、身体にいいものらしい。コッテリしたメニューが多い中、さっぱりスッキリとした貴重な存在だ。

世界の山ちゃん 所沢店

世界の山ちゃん 所沢店

世界の山ちゃん 所沢店

世界の山ちゃん 所沢店
「台湾もつ鍋」。スープは塩味と味噌味を選ぶことができる。出汁はホタテ出汁で、山本会長が研究に研究を重ねたスープとのことだ。上にはピリ辛の台湾ミンチが載せてある。シメはちゃんぽんめん、きしめん、雑炊セットなどがあるらしい。

世界の山ちゃん 所沢店
サントリーが最近押している「知多ハイボール」。そういえば知多も愛知県。そういうのも関係があるのだろうか。

世界の山ちゃん 所沢店
「梅酒」は紀州の最高級「南高梅」を漬けこんだもの。

世界の山ちゃん 所沢店

世界の山ちゃん 所沢店
「名古屋コーチン入り 鶏つくね」は、塩と醤油ダレの2種類。ふんわり&コリッとした食感だ。

世界の山ちゃん 所沢店
埼玉ならではの「狭山茶ビール」。

それにしても山ちゃんは面白い。所沢店限定の企画とかメニューとかやたらあるのだが、普通チェーン店だったらほとんどの店が共通でやるところを、所沢店だけがやっていたりする。各店舗でかなり自由に工夫できるようだ。

所沢店限定の「山ちゃんポイントカード」というのを始めたらしい。毎週月曜日と火曜日はポイント2倍。100ポイントたまると500円割引になるらしい。100円で1ポイントだから5%の割引ということですね。

それから「単品飲み放題」というのも所沢店限定の特別企画。一人1,000円(税込)で2時間飲み放題。ただし料理は2品注文しないといけない。まあ、普通2品くらいは頼むと思う。それにしても激安だ。

所沢店限定「所沢人気コース」はさらに安い。食べ物は、季節のお通し、幻の手羽先(一人前)、グリーンサラダ、刺身2点盛(中トロ入り)、出し巻玉子、シャカシャカポテト、どて煮、土鍋ごはん。これに180分の飲み放題がついて、一人3,180円。会社の近くにあれば、ちょっとした飲み会は山ちゃんでやると思う。

サントリーのTさんは山本会長とメールのやりとりをいていて、幻の手羽先の写真を送ったら「コショウが少なそうに見える」ということで、「指摘しておいて下さい」というお願いをされたりしていた。さすが山本会長、仕事の鬼ですね。ちなみに有名な山ちゃんのイラストは山本会長ご本人ですが、写真の方がかなりイケメンでした。

■店名:世界の山ちゃん 所沢店
■住所:埼玉県所沢市日吉町9-20 第80東京ビルB1F
■電話:04-2929-3371


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/1192

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)