2016年10月26日

喜楽 ラーメン 渋谷


渋谷と言えば、喜楽。昔からそのイメージが強くて、渋谷に来たついでに喜楽に寄ることが多い。今と昔は違うのかもしれないが、僕にとってはずっと変わらない。焦がしネギとモヤシ、表面を覆う熱々の油。そしてあの黄色い麺。かなり個性が強く完成度の高いラーメンだ。最近でもこれほど明確な個性を出している店はないのではないだろうか。

創業は1952年。創業者は台湾出身で、今は二代目と三代目が店に立っているという。写真は定番の「中華麺」。僕はいつもこれだ。でもたぶん一番人気は「もやし麺」だと思う。麺もスープも好きだが、玉子もいい。最近はやたらと半熟味玉の店が増えたが、僕はパサパサとしたこのタイプの味玉が好きだ。喜楽の中華麺がすごいのは、全体が調和しているところ。いつでもどこでも、この味だけはハッキリと思い出すことができる。これってすごいことだと思う。


喜楽は麺も個性的だ。焦がしネギやモヤシの個性の強さに押されることなく、しっかりと調和している。この麺ならではだと思う。

■店名:喜楽
■住所:東京都渋谷区道玄坂2-17-6
■電話:03-3461-2032


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/1205

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)