2016年12月15日

つきじ 文化人 築地 蕎麦


八面大王さん、つきじろうさんトマ子さんと4人で食事会をすることになった。なかなか予定が合わず、ようやく実現できた会。僕にとっては5年越しの思いがようやく実ったのだった。

お店選びはつきじろうさんに相談したところ、なべひろさんにもアドバイスいただいて、たくさんの候補店を出してくれた。ところが当日は、「築地はしご酒」の日と重なっていて、参加店の予約は無理とのこと。そんな中で僕らが選んだのは、「つきじ 文化人」だった。

「つきじ 文化人」は2013年にオープンした新しい店。石臼でひいた手打ちの十割そば。食材は毎朝、築地市場で仕入れる。新鮮な素材や旬の味覚にこだわっているとのことだ。 初めての店だし、会話も楽しみたいということで、何も考えなくていいコースをお願いすることにした。「そば屋のコース」3,600円。追加で水菓子の用意もある。


「大山鶏焼き」、「旬彩五点盛り」、「粗挽きそばがき」、「あおさ海苔の出し巻き卵」。気の効いた料理が少しづつ運ばれてくる。食事というよりもツマミに近いイメージだが、最後に蕎麦が待っていることを思えば、このくらいでいいのかも知れない。蕎麦屋で飲むときはいつも、最後の蕎麦を頭の片隅に置きながら、それまでの時間をどう過ごすか、いろいろとツマみながら「その時」が来るのを酒を飲みつつ過ごす。そんな楽しみがあるように思う。


「きつね抜き」、「お新香盛り合わせ」、「もり又はかけ」。メインの蕎麦は、「もり」か「かけ」を選ぶことができる。コースはこれで終わりなので、この後いつ蕎麦を出すかお店の人が聞いてくれる。僕らは楽しい話の真っただ中。蕎麦はもう少し後で出してもらうことにした。
みなさんの近況や、最近の築地の話など、楽しい話が弾んだ。最近ではこんなに楽しい飲み会はあまりないというくらい、本当に楽しくて貴重な時間だった。また来年もこのメンバーで食事ができるといいなと思う。


つきじろうさんに頂いたお土産。いつも気を遣っていただいてすみません。コップのフチ子は、近くの酒屋でいただいた升のフチに座っています。つきじろうさんらしい、面白いお土産に癒されたのでした。

つきじ文化人 蕎麦

■店名:つきじ 文化人
■住所:東京都中央区築地1-12-16 1階
■電話:03-6228-4293


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/1221

コメント

うわ~お!、ご愛嬌のお土産まで紹介して下さって恐縮です(笑

このたびのお声がけ、誠にありがとうございました。
ほんとうに、ひさびさにご一緒できて話題も山盛り、てんこ盛り・・・☆
楽しさ満点で忘れがたい夜でした~♪

これからも、ぜひぜひヨロシクお願いしますっっっ☆

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)