2017年02月21日

新 ザ・プレミアム・モルツ リニューアル


サントリーさんにお誘いいただいて、「新プレモル先行体験会」に参加してきた。サントリーのザ・プレミアム・モルツは、今年新しく生まれ変わる。今回はよくあるマイナーチェンジではなくて、かなり思い切った大幅な変更だ。

飲食店では2月24日から、缶ビールなどは3月14日から新しいプレモルに切り替わる。僕らは体験会で先に飲ませてもらったのだが、華やかな香りと、しっかりとした濃い味が印象的だった。今までよりも更に美味しくなって、より高級感を感じるような、プレモルファンとしては歓迎できる変更になっていると思う。


会場の「ビアテリア プロント東京駅店」に着くと、小さなテーブルに二人一組になって席が用意されていた。僕はWADA-blogの和田さんと一緒だ。和田さんはこの店には何度か来ているそうで、一人でも気軽に使えるカウンターがいい感じだそうだ。この店はビアテリアという業態で、全国に東京駅店と大阪堂島店の2店舗しかない、プロントの中でも特別な店だそうだ。ザ・プレミアム・モルツを最高の状態で提供できる「超達人店」にも認定されている。

セミナーが始まり、新しいザ・プレミアム・モルツの特徴について説明があった。今回は5年ぶりの大幅リニューアル。進化のポイントは、「飲んだ後に続く余韻」、「ノドを通した後に戻り帰る華やかな香り」といったところ。一口飲んでみて、しっかりとしたコクと香りを感じたが、香りが前面に出過ぎることはなく、余韻として残る感じ。それよりも味わいの進化の方が印象深かった。

新しいプレモルはロゴも変わった。グラスは現行のプレモルのもの。缶はもちろん新しいロゴだ。微妙な違いだが、上にあったSUNTORYの文字が外れたようだ。


この日のコースは「プレミアムコース」。ビアテリアの2店舗にはフライアーがあるので、生ビールに合う揚げ物などの料理がおすすめ。サーモンといくらのカルパッチョ、魚介の玄米パエリア、パルマ産ホエー豚の生ハムとパンチェッタ、ローストポテト&ごぼうスティック、チーズた~っぷりマルゲリータなどが並ぶ。ポップコーンは全コースで食べ放題になっている。プレモルにつけた唐揚げは、ビアテリアプロントだけの特別メニュー。これはぜひ頼んでおきたい。


グラスも新しくなった。少しほっそりとして、スマートな見た目だ。「マスターズドリーム」を開発する過程で様々な技術革新があった。その新しい技術が今回のザ・プレミアム・モルツのリニューアルにも生かされている。変わらないのがいいという考え方もあるが、実際には消費者が気づかない程度に味を変えているものだ。近年獲得した経験や新技術を生かして、ザ・プレミアム・モルツをグレードアップするのは当然のことだと思う。ただ、これだけ売れまくっている人気商品を変えるのは勇気のいること。更に上を目指して進化させるというサントリーの意思を表しているような気がする。


メインは「選べるお肉料理」になっていて、切り落としローストビーフ、丸ごとローストチキン、四元豚のローストポークの3つの中から選ぶことができる。


対象店でプレモルの写真を撮って専用サイトに投稿すると豪華景品がもらえるキャンペーンがある。TwitterやFacebookのアカウントがあれば参加できるそうだ。これは2月24日から始まる。

プレミアム超達人店とは

ビアテリアプロント 東京駅店

新ザ・プレミアムモルツ先行体験会【速報】

■店名:ビアテリアプロント 東京駅店
■住所:東京都千代田区丸の内1丁目9-1 東京駅八重洲北口1階キッチンストリート
■電話:03-5224-8685


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/1228

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)