2017年03月07日

谷や 人形町 一本うどんの会


お誘いをいただいて、人形町の「谷や」で開かれた「一本うどんの会」に参加してきた。一本うどんというのは、鬼平犯科帳に登場する有名な極太うどん。名前の通り一本だけのうどんである。東京の深川名物ということになっているが、一本うどんを出す店はあまりないと思う。

鬼平犯科帳の料理監修をしている「てんぷら近藤」さんの紹介で、「鬼平犯科帳 THE FAINAL」で使う一本うどんを「谷や」の谷さんが再現した。その一本うどんをみんなで食べようということで、会が催されたのだ。

店に着くと先にお会計をお願いされた。コース料理とお酒は飲み放題。一本うどん付きで5,980円。これは安い。

奥のテーブルのスペースが貸切になっていた。カウンターは普通に営業していて、お客さんが入れ替わりやってくる。テーブル席も前のお客さんの片付けでしばらく座れない状態。これだけ忙しい中で、部分的とはいえ貸切にするのは大変なことだ。


最近こういう会になかなか参加できないので、お久しぶりの方が多かった。隣はどみその斎藤さん、その隣は田中商店の田中さん。お二人とはいろいろとお話ができて楽しかった。

一本うどんは茹でるだけでも40分もかかる。さすがに食べ応えのあるうどんだった。お土産にもらって帰ったのだが、家で茹でるのも大苦戦。作るのも大変だが茹でるもの難しいものだ。おかげで貴重な経験ができた。最後に出てきたうどんは、かなりの美味しさだった。このうどんであれば、ひっきりなしにお客さんが来るのも頷ける。また別の機会に、今度は普通のうどんをしっかり味わいに行きたいと思う。
谷や うどん 人形町

■店名:谷や
■住所:東京都中央区日本橋人形町2-15-2
■電話:03-5695-3060


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/1229

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)