2017年05月22日

新宿イカヱ門 ジムビームお店訪問企画


サントリーさんのジムビームお店訪問企画で、新宿の「イカヱ門」にやってきた。新宿駅西口から徒歩5分ほどだろうか、新宿駅西口から都庁の方に渡って3本目の通りの角にお店がある。1階から3階までが店舗で、すごく目立つのですぐに分かった。
店名で分かるようにイカがメインの店だ。初めにお店のリストをもらった時に、この店だけは行こうと決めた。ジムビームハイボールとイカ。気分よく飲めそうな組合せだ。


通された席はカウンターだった。テーブル席もいくつかあるが、全て埋まっている。カウンターだけ2席空いていて、ギリギリ入ることができたようだ。まずは名物の「漁師直送 活イカ姿盛り」を注文。ところが、なんとこの日はもう終わっていた。イカがメインの店なのに、活イカ姿盛りが終わっているとは残念だ。

仕方なく、まずはジムビームハイボールを1杯飲み干して2杯目を注文。出て来るまでに何を食べるか考えることにしよう。さすがに魚介はいいものがそろっている。「産地直送 鮮魚刺身盛」は、メニューに「ガッツリ鬼盛り ご奉仕品」とあるだけにかなりのボリューム。ものすごくお得感がある。ジムビームハイボールは刺身にも合う。これは絶対にイカとも合うだろうと思うと、本当に残念だ。それでもイカは何か食べておきたいので、「イカ天」を注文しておいた。

「生牡蠣食べくらべ」は、室津産、板越産の食べくらべ。中に生きた小さなカニがいたのだが、店員さんに聞くと、よくカニがいたりするらしい。そのくらい新鮮ということだろう。


もう一つこの日のメインになりそうなのは、「ぶっかけ寿司」の「ぶっかけ3種」だ。ぶっかけ寿司にも何種類かあるが、ねぎトロ、いか納豆、いくらの3種類盛り合わせになっている。「まぐろのレアカツ」は食欲をそそる美しいビジュアル。これもジムビームによく合う。


最近、他の店で体験した「チンチロリン」があってビックリ。サイコロを振って出目の合計が奇数だったら半額とか、ゾロ目で1杯無料とか、ビームハイボールなどが対象となった企画だ。1番悪くても不利になることはなくて、倍量のハイボールを通常価格で飲まされる程度。サイコロを振って出目を見るだけでも、結構グループで楽しめる工夫だと思う。

「炙り鯖の棒寿司」ははじめからねらっていたメニュー。ジムビームハイボールに合うような予感がしていたのだが、予想通り相性は抜群だった。シメは「しじみ汁」と「自家製ごま豆腐ぷりん」にした。

ジムビームハイボールのいいところは、やはりベースになるジムビームがクオリティの高いバーボンなので、質の高い味わいになっているところだろう。ハイボールだから軽く飲めるのだが、しっかりとした説得力のあるハイボールになるのだ。だから料理にも負けないし、どんな場合にも主役になれる。最近居酒屋でジムビームハイボールを飲んでいる人が多いのは、この飲み応えが理由なのかもしれない。

ジムビームハイボール特集ページ
ジムビーム Amazonページ
■店名:新宿イカヱ門
■住所:東京都新宿区西新宿1-13-4
■電話:050-3462-3875


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/1237

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)