2017年11月16日

モンプチコションローズ フレンチ 千石


記念日に千石の「モンプチコションローズ」に行った。実はこの店のことは開店前から知っていた。前に同じ場所にあったイタリアンが閉店した後、改装をしたり、オープン前に打合せをしていたり、店の前を通る毎に店内の様子をうかがっていたのだ。オープンしたらすぐに行こうと思っていたのだが、なかなか機会に恵まれなかった。そうこうしているうちに、すぐに人気店になって予約が取りづらくなっていった。あれからもう6年。時の経つのは早いものだ。


この日は月曜日だったせいか、他にお客さんはいない。相方が遅れて来るということで、期せずしてご主人と2人で話をすることになった。話題は寿司、ビストロ、近所のお店の話など、こういう話をはじめるとお互い止まらない。初対面なのにかなり話が弾んでしまった。

モンプチコションローズという名前は、「私のピンクの小さな豚」という意味だ。最初、プチコションという名前にしようとしたが、検索するといろいろと出て来る。「子豚」というくらいの名前だから、誰もが自分の店に付けたくなるのだろう。それでひとひねりして、モンプチコションローズにしたそうだ。お店にはピンクの豚の置物が並んでいる。どうやらお客さんが置いて帰るらしい。

カウンター8席だけの小さな店で、シェフが一人でやっている。お昼は、3,500円、夜は5,000円のコースだけとはいえ、満席になったらかなり大変そうだ。

お喋りをしつつも、淡々と料理ができあがっていく。料理名はよく分からないのだが、マスの卵と牡蠣のスープ、白子をパルメザンチーズで焼いてシェーブルチーズとアスパラガスを添えたもの、、フォアグラと牡蠣のソテーにクルミとマディラワインの甘いソース、銚子の天然ヒラメ。これはポテトにトリュフが入っていて、とても香りが良くておいしかった。

メインは、豚肉かエゾジカ。どちらも絶妙な火加減だ。フォンドボーを煮詰めた甘辛いソースで食べる。パンは自家製で、通常のイースト菌ではなく甘酒を使っているとのこと。

飲み物はワインをグラスで出してもらうことにした。白ワインを何種類か頼んだが、2人なので半分ずつ入れてくれる。半分と言うが、普通に一杯分はある。かなり良心的だ。


デザートは「苺飴のミルフィーユ」。苺のように見えるのは飴の器で、これをスプーンで割りながら食べる。プレートにはメッセージが入っていた。まったく聞いていなかったので、これには驚いた。最後は手作りの豚とコアラのチョコレート。表情が何ともいい。

この日はシェフの師匠、ヌキテパの田辺シェフがお昼に来ていたらしい。今年「現代の名工」に選ばれた名シェフだ。夜は我々だけだったので、かなりいろいろなお話ができた。家の近くなので、次回は気軽に寄ってみようと思う。


■店名:モンプチコションローズ
■住所:東京都文京区千石4-40-3
■電話:03-6304-1505


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/1264

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)