2017年11月29日

越後の味 やまぼうし 新潟


今年2度目の新潟、弥彦神社にやってきた。弥彦駅前の道をまっすぐに上ると、正面にいい感じの木造家屋が見えてくる。前に来た時、何の店なのかと気になっていたのだが、調べてみると「やまぼうし」という地元の食材を使う店だということが分かった。

やまぼうしの名物は「わっぱ飯」というご当地グルメだ。「わっぱ」というのは、杉の薄板を曲げて作った容器のこと。この中に出汁で炊いたご飯を入れて、新潟で採れた魚介を乗せて蒸したのが「わっぱ飯」だ。やまぼうしのわっぱ飯は、さけ、さけおやこ、かに、かき、たい、のどぐろ、うなぎの7種類があった。あゆ、たい、うなぎなどは季節限定らしい。

かにのわっぱ飯は、かにがたっぷり入っていて、青海苔がいいアクセントになっている。こういう料理はかにの量と満足度が比例すると思う。たっぷりのかにをほうばると、それだけで素直にうまいと感じるものだ。

わっぱ飯には、香の物と味噌汁がつく。この日はキムチとキュウリの浅漬けと、もずくの味噌汁だった。


「絶品ステーキ丼(大)」2,000円は、とりあえず食べておくべき名物メニューだ。店内の張り紙を見ても、一番のおすすめであることが分かる。肉は新潟のブランド牛「村上和牛」を使用している。村上和牛は血統や餌などが厳しく規定された黒毛和牛。コシヒカリの干し草などを食べて育った牛だそうだ。

レア気味の火加減がまさに絶品。秘伝のタレが村上和牛を引き立てている。この丼を食べるためだけに弥彦に来てもいいくらいだ。

最後にセルフサービスの「長生き茶」をいただく。つるにんじん、またたび、あけび、うこん、きくいも、れいし、たらのき、じゅうやく、あまちのづる、けんのしょうこ、うつぼ草、あまどころ、きはだ柿の葉などが入っているそうだ。


また弥彦に来ることがあれば、この店には必ず寄ることになるだろう。他にも行ってみたい店はあるが、やまぼうしほどのこだわりの店は少ないと思う。魚は養殖物は使わず、天然のものを使用する。野菜は土にこだわった弥彦産の無農薬野菜。地元の食材を大切にする姿勢は素晴らしいと思う。

こんな場所にこんな店があるとは、本当に驚きだ。地方に行くとうまいものがある。いろいろと調べた情報を信じるよりも、自分の足で探して、自分の感覚を信じた方がいい店に当たる確率は高いように思う。


■店名:越後の味 やまぼうし
■住所:新潟県西蒲原郡弥彦村大字弥彦1041-1
■電話:0256-94-2470



トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/1253

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)