2017年12月05日

酒盃 秋田 居酒屋


何年振りだろうか、秋田の「酒盃」に久々の訪問。酒盃は日本を代表する居酒屋のひとつと言っていい名店だ。酒は秋田の酒、料理も秋田にこだわる。秋田は酒もうまいし、食材も豊富な土地だ。その個性的な食文化は特別な輝きを放っている。例えば、いぶりがっこ、じゅんさい、しょっつる、きりたんぽ、とんぶり、ハタハタなど挙げればキリがないが、どれも際立った個性のある料理ばかりだ。
酒盃の料理は、そんな秋田の強い個性には頼らず、控えめでありながら郷土愛に満ちた質の高い料理を供している。


店に着くと、予約した人の名前が下足箱に貼られている。こういう気遣いはいつも嬉しいものだ。部屋は前回と同じ部屋。カウンターの目の前の個室だ。引戸で仕切られていて、お店の人は気軽に出入りできるが、中はとても落ち着いた空間になっている。

店員さんを呼ぶのに少し苦労するが、絶妙なタイミングで様子を見に来てくれるので、ストレスは感じない。部屋にある電話は一度使ってみたのだが、大げさな感じがするのであまり使う人はいないだろう。


この店の日本酒は本当に素晴らしい。冷やでも燗でも出してくれるが、燗を基本にしておすすめの温度でつけてもらう。こういう店に来たら、ごちゃごちゃ言わずに料理も酒もお任せにするのがいい。

料理は4,000円と5,000円のコースがあるが、今回は5,000円にした。前菜、刺身、冷たい茶碗蒸し、天ぷら、蒸し牡蠣とじゅんさい、黒毛和牛の冷しゃぶユッケ、豆腐饅頭、鯛とハマグリのツボ蒸し、手打ち蕎麦。名物の手打ち蕎麦は単品で600円、一日15食限定で予約もできる。コースでなければ頼んでおきたい逸品だ。


長期熟成の古酒や希少酒がいくつか用意されている。雪の茅舎の8年熟成1,200円にした。古酒と言っても1,000円か1,200円、希少酒も800円なので安いものだ。

名店といえど、肩ひじ張らずに楽しめる雰囲気がいい。料理も酒もレベルが高くて、お会計も安い。秋田に来たらこの店に寄らずには帰れないほどだ。秋田駅まで歩いて30分ほどなので、帰りはタクシーでもいいし、冬でなければ酔い覚ましに歩くのも気持ちがいいものだ。

■店名:酒盃
■住所:秋田県秋田市山王1-6-9
■電話:018-863-1547


 


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/1254

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)