2017年12月12日

WHISKY HILLS 2017 ジムビームヒルズバー 六本木ヒルズ


「WHISKY HILLS 2017 ジムビームヒルズバー」にやってきた。11月17日(金)〜 12月3日(日)まで六本木ヒルズで開催されていた限定イベントだ。この後、サントリーのブロガー忘年会なのだが、一部の人は先にここで集まって軽く飲んでから移動する。WHISKY HILLS 2017自体は12月25日までやっていて、期間中、六本木ヒルズ内の参加店舗でビームハイボールが最初の一杯200円になるそうだ。


店内はジムビーム一色でデザインされていて、アメリカのジムビーム蒸留所の雰囲気を体感できる空間になっている。店舗の中央にはジムビームのボトルを並べたディスプレイがあり、かなりの存在感がある。僕らはその横のテーブルを3つ使って3〜4人ずつ分かれて座った。

この店にはいろいろなジムビームがある。まずはチルドビームハイボール。ここでしか飲めないキンキンに冷えたビームハイボールだ。2杯目は普通にビームハイボールにした。さすが世界NO.1バーボン。何杯飲んでも飲み飽きない魅力がある。


隣のテーブルが注文していたソフトクリームを僕らのテーブルでも頼むことになった。ソフトクリームとジムビームの小さなボトルのセットだ。ソフトクリームにジムビームをかけて食べるのだが、これが絶品。少しずつかけたり、たくさんかけたり、いろいろと工夫をして楽しんだ。ハマる人はハマる美味しさだと思う。

ジムビームには、ダブルオーク、デビルズカット、アップルの3種類があった。ジムビーム ダブルオークは、新樽2段階熟成がリッチで甘い香ばしさ。ジムビーム アップルは、青りんごのナチュラルフレーバーが生きた爽やかなバーボンだ。


ジムビーム デビルズカットは「悪魔の取り分」まで奪った力強い味わい。熟成中に蒸発してし消えてしまうものを、エンジェルシェア(天使の分け前)という。逆に樽に染み込んで取り戻すことができない減分を「悪魔の取り分」と呼ぶ。ジムビーム デビルズカットは、この「悪魔の取り分」を特殊な手法で抽出して使用しているのだ。

最後にジムビーム デビルズカットのロックをグッっと飲んで、忘年会の場所、赤坂に移動した。

WHISKY HILLS 2017


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/1267

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)