2018年01月18日

東京スタイル鶏らーめん 「ど・みそ鶏」 京橋


東京スタイル鶏らーめん「ど・みそ鶏」が今年の1月2日にオープンした。東京スタイルの味噌らーめん「ど・みそ」のセカンドブランドだ。ど・みそといえば、特製の味噌と背脂のバランスが印象的な味噌らーめんだが、今回は鶏白湯スープとトリュフオイルの組合せ。もちろん味噌もあるが、ここでは塩か醤油がおすすめだ。

店は東京駅から歩いても10分かからないくらいの場所にある。一番近いのは宝町駅か。京橋、日本橋、茅場町、八丁堀、どこからでも歩いて数分という便利な場所だ。初めて来たのだが、交差点の角からお店は目立っていた。壁面がアートになっているからだ。

オープンしてすぐなので、マスターと統括店長もいて、メニューの試行錯誤をしていたりする。試作品の鶏スープの水餃子を出してくれた。この水餃子の名前をどうするかでかなり議論をしていて、最初の案は「鶏スープの水餃子」だったのだが、中の具も鶏肉だから「鶏餃子にしますか」とか、「水餃子じゃなくて、鶏スープ餃子にしますか」とかいろいろと議論が弾んだ。結局、今日のところは「スープ鶏餃子」になったのだが、その後のことは分からない。


特製鶏ゅ白湯塩らーめん


特製鶏ゅ白湯醤油らーめん


麺は三河屋製麺。鶏白湯スープとの絡みがいい。


特製鶏味噌らーめん

レモンサワーの試作もしていた。何種類か味見もしたのだが、結局は「やっぱり生レモンがいいなあ」ということになって、他のサワー類が400円の中、これだけは450円にして出すことになった。やっぱり生レモンは違う。グラスを口に持って行った時の香りが違うので、飲み比べると「やっぱり生レモン」ということになる。

この店は塩か醤油が一番のオススメのようだ。塩は「女性が好きそうだな」というのが第一印象で、白湯スープとトリュフオイルのバランスがすごくいい。最初はかなり軽く食べ進めたのだが、後半になるとけっこう食べ応えがあることに気づいた。やたら写真を撮ったりマスターとお喋りをしたりしながら3杯も食べたので、麺がスープを吸っていたせいかもしれない。麺は三河屋製麺製で鶏白湯スープによく絡む。チャーシューは鶏胸肉、鶏モモ肉、豚肩ロースの3種類が入っていて、それぞれ味付けや食感が違うので、飽きずに最後まで食べ進むことができる。塩と醤油の見た目はそっくりだが、イタリアンパセリが乗っているのが塩、カイワレが乗っているのが醤油だ。


スープ鶏餃子(試作)


生レモンサワー(試作)


カウンター8席、カウンターの横のテーブル席8席、奥のテーブル席は14席。


お客さんからプレゼントされた絵。ど・みそ鶏七福神。店の奥に飾られている。


マスターの齋藤さん。レモンサワーの試作のため、仕方なくお酒を飲んでいた。いやあ、酔っぱらった。

一番のオススメではないが、ど・みそなので味噌もいただいてきた。ど・みその味噌がベースだが少し味を変えているらしい。鶏白湯スープだからど・みその味噌らーめんとはかなり違っていて、新たな美味しさを発見できた。味噌には、タクアン、紫キャベツ、豚バラが乗っていてかなりカラフルな見た目だ。

これからは夜のメニューも徐々に考えていくそうで、2月からは鶏鍋なんかもはじめてお酒も飲める店になるそうだ。

■店名:東京スタイル鶏らーめん ど・みそ鶏
■住所:東京都中央区京橋1-17-12 吉住ビル1F
■電話:03-6263-2738


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/1279

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)