2018年10月24日

肉の万世 本店 呉越同舟 秋葉原


立石も満喫したところで、伝説の焼き師は肉が喰いたくなってきた(たぶん)。「おーし、万世いくで!」。万世というのは、「肉の万世 秋葉原本店」のことである。立石から車で30分かかる。早めの集合だったのでまだ21時だが、「こんな時間から肉かあ」とも思う。でも、「あげアゲパーコーうまいで」とか「牛筋おろしポン酢最高やで」とか、「〆はカツサンドやろ」とか言われると、俄然いく気になるのであった。

肉の万世本店は地下1階から10階まですべて万世の直営店。店頭の看板には「MEAT BUILDING」の文字が。日本中でMEAT BUILDINGと言えるのは、このビルくらいじゃないだろうか。まさに肉の聖地。今回は地下1階の「呉越同舟(ごえつどうしゅう)」に行くことになった。呉越同舟は生ビールが自慢のビヤホールで、あげアゲパーコーとか牛筋おろしポン酢もうまいけど、特筆すべきは目の前で肉塊をカットしてくれる「国産牛ローストビーフ」だろう。
お土産には「万かつサンド」がいい。ロースかつを2枚使用した「弐万かつサンド」というのもある。これはボリュームがすごいらしい。

飲み物はいつものようにプレミアム・モルツから。立石のビールは、あの場所ではあれでいいのだが、何かずっと物足りなさはあった。万世に来てようやくいつもの生ビールが飲むことができて、ものすごくホッとした。

ビールの後はハイボールに移行するのがいつものコース。まずは角ハイボール。万世は生ビールも上手だが、ハイボールもかなりうまい。料理は、肉は他の店とは違うクオリティだし、サイドメニューもチェーンの居酒屋とは一線を画すレベル。小さな店でいいから、駅前に展開してくれないかなあと思う。牛すじ、あげパーコー、ローストビーフ、万かつサンドなどなど、看板メニューが揃っていて、特に肉メニューのレベルは高いので、需要はあると思うのだが。


牛筋おろしポン酢


あげアゲパーコー


国産牛ローストビーフ


万かつサンド


■店名:肉の万世 本店 呉越同舟
■住所:東京都千代田区神田須田町2-21
■電話:03-5294-1220


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/1295

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)