2018年10月31日

台湾茶屋 那覇


那覇の街をずっと歩いて移動した。当然のことながら、与論島と違って完全に観光地化された街で、地元の学生や観光客に囲まれながら国際通りを歩くのは少ししんどかった。

目的地は裏路地を抜けたところにある「台湾茶屋」だ。裏路地は僕らのイメージする観光地の沖縄ではなく、アジアっぽい雰囲気。地元の人以外はあまり来ないであろう場所にあるのだが、一時期雑誌等にも取り上げられた有名店だ。

高級茶だから安くはないのだが、人数分注文すると、1つで大丈夫だという。「高山ウーロン茶」(1,000円)に、3人で行ったので「コップ追加」(200円)を2つ。合わせて1,400円で3人分。キチンとした作法で、湯をかけ回してお茶を入れてくれる。結局3人で6回分くらい飲むことができた。

いいお茶には眠くなるようなリラクセーション効果がある。何度も繰り返される作法を眺めながら、まったりとお茶を飲む。騒がしい那覇の街を抜けて、ゆっくりとした時間を過ごすことができた。

■店名:台湾茶屋
■住所:沖縄県那覇市牧志3-3-16
■電話:098-863-0331


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/1305

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)