2018年11月11日

ラーメン荘 夢を語れ 白山


「ラーメン荘 夢を語れ」は「ラーメン 富士丸」の西新井大師店にいた方が京都の一乗寺で作った店。ラーメン荘はその後いくつも支店を出して、「地球規模で考えろ」とか、「歴史を刻め」、「おもしろい方へ」など、特徴のある店名を付けている。ボストンとか北京にも出店していて、この白山はボストンの系列だそうだ。看板に「Yume Wo Katare Tokyo」とあるのはそういうことなのだろうか。

今日はiPhoneの写真の確認。iPhoneのカメラでも上手く撮れた時は、ブログにもそのまま使えような気がする。

僕は「ラーメン 富士丸」が昔から大好きで、よく行ったのは神谷本店と板橋南町店だった。西新井大師店には数回しか行ってないが、そこの店長だった人が京都に帰って作ったのが一乗寺の「ラーメン荘 夢を語れ」。わざわざ京都まで食べに行ったのが、なんともう11年も前のこと。時の流れるのは早いものだ。

メニューは、ラーメン(750円)、豚ラーメン(950円)、生玉子(100円)、麺増し(100円)、黒烏龍茶(180円)。豚ラーメンをアブラ増しで注文。京都に行って、アメリカに渡って、東京に戻ってきたラーメンは、やっぱり富士丸だった。富士丸本店ほどではないものの、少しずつ行列ができはじめている。


■店名:ラーメン荘 夢を語れ Yume Wo Katare Tokyo 白山店
■住所:東京都文京区白山5-36-14
■電話:03-3940-0982


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/1309

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)