2018年11月15日

北島亭 四ツ谷


フレンチの名店「北島亭」にやってきた。黄色いホロが目印のお馴染みの外観。店内はこぢんまりとしている。座席が20席ほどしかない小さな店で、雰囲気はフレンチというよりもたぶんビストロに近い。有名店ではあるが、敷居は高くなくて、気軽に利用できる感じだ。

コースは3,500円から10,000円まで6種類ある。お好きな料理4品のフルコース(10,000円)は多すぎるというので、おすすめの9,000円コースにした。フルポーションの料理1品と、スモールポーションの料理3品のコースだ。冷たい前菜は2種選ぶことができる。暖かい前菜と魚、肉は1種ずつ。ただし、冷たい前菜以外は2人とも同じものを選ばないといけない。


おすすめグラスワインセットは、3杯4,800円、4杯5,500円、5杯6,000円。これはいい制度だなと思う。オーブンはないので、サラマンドルと手で焼くのだが、この技術が素晴らしい。ボリュームがあって本格的なフランス料理を出してくれる。

今回の記事はずっと筆が進まなかったのだが、実は、この日は考えられないようなお客さんが来ていた。お会計の時にお店の人にいろいろと文句を言って、お金を払いたくないという。毎回料理にクレームを付けていたので変だなと思っていたのだが。

結局払わずに帰ったらしい。料理に文句があったとしても食べた分は払わないとおかしいだろう。しかも小さい子供がいる家族3人連れというのが何とも痛ましい。常連のお客さんが言うには、奥さんはニヤニヤと笑っていたとか。本当に嫌な気分だ。

そんなこともあって、北島亭のサービスは特別なものになった。残ったお客さんにベイクドラスカを振舞ってくれたり、いろんなパンをたくさんくれたり、最後はなぜかミカンをお土産にくれた。僕らはあの変なお客さんとは一番席が離れていたから、あんまり気にならなかったのだが、いろいろとサービスしてもらって、ちょっと恐縮してしまった。お店のせいではないけど、お店で起こったことではある。心遣いはとても嬉しかった。「あんなお客さんはじめて」というけれど、お店の対応はさすが。また来たいと思わせる素晴らしい対応だった。


アミューズ(ツブ貝のドレッシング和え)


アミューズ(タルトグランベ)


オードヴルは「北海道産 生ウニのコンソメゼリー寄せ カリフラワーのクリーム添え」


仏・ロワール産 ホワイトアスパラガスとあさり添え オレンジ風味のサヴァイヨンソーズ


鹿児島県産 リブロースステーキ ボルドレズソース


千葉県産 金目鯛のポワレ 春きゃべつ添え・ブールブランソース


鳥取県産 大山地鶏の丸ごと1羽ロスト(ローストチキン)

■店名:北島亭
■住所:東京都新宿区三栄町7 JHCビル1F
■電話:03-3355-6667


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/1181

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)