投稿日:  ラーメン, ラーメン二郎, 浜松町 大門 三田

ラーメン二郎 三田本店 5

土曜日の11:45頃、ラーメン二郎三田本店に到着しました。店の前には既に長蛇の列ができています。いつもより1時間ほど遅い訪問。やはりちょっと遅過ぎたかもしれません。待ち人数は41人。ラーメン二郎は行列の店として有名ですが、行列の人数が多いほど、待ち時間が長いというわけではありません。実は店舗によって行列の質が違います。三田のように常連客が多い店の場合は、回転が早い。逆に訪問回数の少ないお客さんが多い店では、予想以上に待たされることもあります。

100619a01

100619a02
1人当り何分掛かるかを、待ち時間の目安にすることができます。土曜日の三田本店であれば、1人当り1分半くらい。この日は41人待ちなので、41人×1.5分=61.5分。1時間強の待ち時間です。実際は、12:50に席に着いたので、所要時間は65分。結構いい線いってます。1人当りにすると1.59分。ラーメン二郎のような太麺は、茹でる時間が長い。しかも量が多いので食べるのに時間が掛かります。それで1人1分半というのは、かなり早いのではないでしょうか。

ちなみに、先日の神田神保町店では、平日の夜19:10に並び始めて、着席したのが20:35。85分も掛かっています。42人並んでいたので、85分÷42人=2.02分。1人約2分です。三田本店と比べるとかなり回転が悪い。初心者や団体客が多い神田神保町店では、このくらいが標準のようです。

「にんにく入れますか?」と聞かれたので、「カラメ・ニンニク・アブラ」と告げます。これは昔よくやっていたトッピング。アブラは固形の背脂の大きな塊が盛られました。二郎では「豚」と呼ばれるチャーシューは、分厚くキレイに切り揃えられています。

100619a03

100619a04
豚がずいぶん丁寧に盛られていたので、今日は上品な二郎だなと思っていたら、中から豚の塊が出てきました。チャーシューのブロックの一番端の部分です。チャーシューの端はタレにしっかりと漬かっているので、甘辛くおいしいことが多い。普通のラーメン屋では、ハズレになる部分かもしれませんが、二郎の豚が癖になっているジロリアンからすると、紛れもないアタリです。

最近は三田の熱々の麺がたまりません。ラーメンの麺といえば、昔から固めの方が好きでしたが、三田の熱々の柔麺を食べてから、柔めの麺もありだと思うようになりました。ラーメン二郎から、数々のカルチャーショックを受けてきましたが、この柔麺の旨さは、僕にとっての新境地。三田でしか味わえない麺かもしれません。

【以前の記事】
ラーメン二郎 三田本店
ラーメン二郎 三田本店 2
ラーメン二郎 三田本店 3 初詣
ラーメン二郎 三田本店 4


■店名:ラーメン二郎 三田本店
■住所:東京都港区三田2-16-4
■電話:03-3545-5455
■営業時間:10:00~15:30
■定休日:日曜・祝日


大きな地図で見る