投稿日:  うどん そば 丼もの, 大塚 巣鴨 千石 白山 駒込

小倉庵 蕎麦 大塚

F67B5D09-72F5-448E-9D69-AC6C942E4AEF.jpeg
小倉庵は1960年創業というから、ちょうど今年で60年になる。大塚駅前から後楽園駅に続く大通り(千川通り)の1本隣の細い通り(大塚三業通り)に面している。この辺りは旧三業地だけあって、今でもいい飲食店が多い。寿司「高勢」の新店舗もこの店のすぐ裏にある。

小倉庵のメニューは一見して意味の分からない面白いメニューが多い。「よいしょそば」はモチ揚げたり、(大根)おろしたりする時に「よいしょ」と掛け声をかけるところから。写真の「てんぐそば」(800円)は桜えびのかき揚(天ぷら)が具なので天狗(天具)と名付けている。「雪化粧」は大根、「葉衣(はごろも)」は葉っぱに衣だそうだ。

気になったメニューは「八宝美人(はっぽうびじん)」(2,100円)で、8種類のトッピング(かき揚げ、いくら、大根おろし、山菜、玉子、とろろ、わかめ、のり)が付いた3人前の蕎麦だそうだ。これは一人では無理なので、2~3人で来た時に注文してみようと思う。「そば屋の甘味」というのがあって、「そばアイス」と「そばだんご」がメニューに載っていた。小学生以下は「ミニそばアイス」をサービスしてくれるらしい。地域に根差した街の蕎麦屋らしいサービスだ。