投稿日:  和食 寿司, 赤坂 溜池山王

赤坂 菊乃井

ppjukais-9.jpg
新型コロナの影響でしばらくは過去記事です。赤坂駅前の赤坂通りを一本入るとビルやマンションが立ち並ぶ細い通りがある。この道の傍に竹林に囲まれた石畳があり、奥に進むと「赤坂菊乃井」の入口が現れる。ここには都会の喧騒はなく、静かな空間が広がっている。

赤坂菊乃井は京都の菊乃井本店と同じメニューを提供している。水も京都の水を持ってきて使っているそうだ。日本料理の出汁は水によって出方が変わる。特に東西では水の性質が違うので、こだわる理由も理解できる。飲み水も京都の水を使用しているそうだ。

座敷は4室あり、そのうち2人部屋は茶室のみだ。個室料を払えば他の座敷を2人で使うこともできるが、1つしかない茶室が空いていたので、そのまま茶室にしてもらった。サービスを担当してくれたのは若い女性で、とても気が利いていて好感が持てる。料亭のサービスは若い人には難しい部分もあるが、丁寧な対応をしてくれた。

ミシュランガイドでは、京都の菊乃井本店は3つ星、赤坂菊乃井は2つ星。それだけの差がどこにあるのかは不明だが、赤坂菊乃井が高評価に値する店なのは確かなことだ。

ppjukais-1.jpg

ppjukais-2.jpg

ppjukais-2a.jpg

ppjukais-48.jpg

ppjukais-14.jpg

ppjukais-13.jpg

ppjukais.jpg
紅白のなますと、ほんの少しのお赤飯。この日は誕生日のお祝いだったので、赤飯を用意してくれていた。

ppjukais-5.jpg

ppjukais-3.jpg

ppjukais-6.jpg

ppjukais-7.jpg

ppjukais-49.jpg

ppjukais-9.jpg

ppjukais-51.jpg

ppjukais-50.jpg

ppjukais-19.jpg

ppjukais-57.jpg
これを上にのせて崩しながら食べる。

ppjukais-58.jpg

ppjukais-17.jpg

ppjukais-15.jpg

ppjukais-16.jpg

ppjukais-22.jpg
若い料理人が籠にアユを入れて持って来てくれた。アユは籠の中でものすごく元気に跳ね回っている。籠の隙間から1尾飛び出した時に慌てて戻そうとしたが叶わず、「お待ちください」と言ってそのまま下がって行ったが、微笑ましいハプニングだった。

ppjukais-59.jpg

ppjukais-61.jpg

ppjukais-43.jpg

ppjukais-46.jpg

ppjukais-47.jpg

ppjukais-29.jpg

ppjukais-31.jpg

ppjukais-21.jpg

ppjukais-25.jpg

ppjukais-53.jpg

ppjukais-32.jpg

ppjukais-54.jpg

ppjukais-39.jpg

ppjukais-55.jpg

ppjukais-38.jpg

ppjukais-36.jpg

ppjukais-56.jpg

ppjukais-42.jpg

ppjukais-41.jpg

ppjukais-45.jpg
抹茶を追加。料理長が挨拶に来て、「抹茶ありますけど」と言うので追加してみた。

ppjukais-44.jpg
お抹茶菓子

メニューは毎月変わる。かなりの量があって、最後までたどり着けないお客さんもいるそうだ。この日のメニューは25,000円の懐石。

■店名:赤坂 菊乃井
■住所:東京都港区赤坂6-13-8
■電話:03-3568-6055