206 名古屋

名古屋 食べある記

1泊2日の名古屋旅行記。名古屋といえば、ひつまぶし、モーニングなど独自の食文化があるところ。たった2日しかない中で、まず最初に向かったのは、常滑でした。長年、八百善のラーメンをいつか食べに行きたいと願っていました。名古屋に行く用事ができたからではなく、この旅行はまず八百善ありきで企画されました。最後に向かった喫茶 マウンテンも、長年の宿題店のひとつ。これはおいしいとかおいしくないとか、量が多いとか少ないとか、そういうことは一切関係なく、全員参加型のイベントです。そしてついでに立ち寄った犬山の素晴らしいこと。古くから続く造り酒屋のおばあちゃん、元気で頑張っていました。常滑のかき氷屋はテレビにも登場する人気店。ご主人とのお喋りは楽しかった。犬山のかき氷屋では、朝からビールが飲めました。名古屋の有名な二郎系の店にも行きました。取材不可ということで、今回は断念。ラーメンは食べましたが、ラーメン二郎にはあまり似てないかも?まだまだ奥深い名古屋の食。次回はどこに行くか、早速リストアップをはじめます。

八百善 ラーメン 常滑


あつた蓬莱軒 ひつまぶし


喫茶 リヨン モーニング


喫茶 マウンテン 名古屋の山


投稿日: 206 名古屋

喫茶 マウンテン 名古屋

名古屋の名物喫茶、マウンテン。名古屋で「山」といえば、喫茶マウンテンを意味するというほど、抜群の知名度を誇っています。最大の特徴は、一風変わったメニューにあります。おしるこスパ、なべスパ、スパイス合衆国、イカスミジュース、大人のお子様ランチ・・。どんなものが出てくるのか、想像すらできないメニューが並びます。あっと驚くビジュアルもあれば、名前は奇抜でも見た目は普通で、逆にがっかりするようなものもある。量が多いのも特徴で、不思議な味とあいまって、食べきれない「遭難者」が続出しています。

100910d01

100910d02

100910d03
甘口メロンスパ800円とイタリアントマトパフェ700円を注文。メロン風の何かが練りこまれているのでしょうか。微妙にそんな色の麺です。「甘口」とは何だろうと思ったら、この生クリームのことのようです。量はかなり多く、途中で飽きるのは間違いなさそう。これがジャポネならたいした量ではありませんが、甘口メロンスパとなると話は別。「食べ切れるのか・・」、第一印象は衝撃でした。

喫茶マウンテンは山に例えられます。店に行くことを「登山」、完食したら「登頂」、食べ切れなかったら「途中下山」、食後気分が悪くなったら「遭難」などとも言われます。甘口メロンスパは、かなり遭難率が高そうです。なぜ甘口のスパゲッティを作ろうと思ったのか、そして何故こんなにも量が多いのか、理解に苦しみます。

100910d04

100910d05
隣の席では、アイス氷(かき氷)を食べている人たちがかなり苦戦をしています。巨大かき氷の下には、更に大量のアイスクリームが隠されています。氷をこぼすことを「雪崩」と言うそうですが、「雪崩」なしに食べ終えるのは難しそうです。予約必須の「たらい氷」は、通常のかき氷の5倍もの氷を使用するそうです。普通は2人くらいで食べるので、10人近くいないと「登頂」は厳しいのかもしれません。

人は何故、山に登るのか。「そこに山があるから」という名言は、喫茶マウンテンにも当てはまるかもしれません。奇抜なメニュー、不思議な味、そして意味が分からないほどの大盛り。それでもまたマウンテンに来てしまうのは、何故なのでしょう。やや遭難ぎみの落ち込んだ気分で帰ることになりました。もう2度と来ない!とは言い切れない何かがあります。また来てしまうんだろうなあ・・。

100910d06

100910d07

100910d08
気を取り直して、旅行を続けます。最後に向かったのは、国宝の犬山城。国宝になっている城は、松本城、姫路城、彦根城、犬山城と、日本に4つしかありません。城下町には、からくり展示館などもありました。

100910d09

100910d10
お土産に小島醸造の尾州忍冬酒を買って帰りました。慶長2年(1597年)から400年以上続いている忍冬酒。忍冬とはスイカズラのことで、滋養が非常に豊富で混合物が一切無い酒です。甘味のあるウイスキーのような珍しい味がします。製法は一子相伝だそうで、正確な造り方は知られていません。こんな秘蔵酒がまだ日本にもあるんですね。日本の地方にも、まだまだいろんな食文化があります。特に名古屋の食文化は、奥が深いと感じました。



■店名:喫茶マウンテン
■住所:愛知県名古屋市昭和区滝川町47-86
■電話: 052-832-0897
■営業時間:8:00~22:00
■定休日:月曜日


大きな地図で見る

投稿日: 206 名古屋

喫茶 リヨン 名古屋

朝食は喫茶店に行くのが、暗黙の了解になっていました。狙いはもちろん、名古屋名物モーニング。モーニングとは、コーヒーを1杯注文すると、トーストや卵、カステラなどが付いてくるというお得なサービス。名古屋喫茶独特の文化です。リヨンでは、一日中モーニングサービスが付きます。名前だけ「モーニング」ですが、朝食サービスではなくなっているようです。

100911c01

100911c02

100911c03
リヨンのモーニングセットにはいくつか種類があります。トースト+玉子+カステラ(午後はカステラを除く)または、各種プレスサンドから選びます。プレスサンドは、フルーツ、小倉あん、ピーナッツクリーム、ポテトサラダ、野菜サラダの5種類。トースト+玉子+カステラと、野菜サラダプレスサンドを注文しました。これがコーヒー1杯分の380円で楽しめるというから、東京では考えられない安さです。味もボリュームも、これならば満足できます。

僕は昔からホテルの朝食が大嫌いでした。ベーコンとかエッグとか。あんな不味いものを未だに一流ホテルで出しているのが不思議でなりません。それに比べ、モーニングがある名古屋の朝食は、いかに充実していることか。ホテルの朝食券など使わずに、喫茶店に向かうのが正しい選択でしょう。

100911c04

100911c05

100911c06
ホットプレスサンドは、180円で追加することもできます。モーニングの感動があまりに大きかったので、もう1種類食べることにしました。小倉あんプレスサンドを追加で注文。これだけ食べて2人で1,000円未満ですから、たまりません。リヨンは雰囲気がよく、とても好感の持てる喫茶店でした。8:00~18:00まで、全ての飲み物で一日中モーニングサービスが付くというのがいいですね。気持ちのいいサービス精神。朝食をリヨンのモーニングにすると、その日は気持ちのいい1日になります。




■店名:リヨン
■住所:愛知県名古屋市中村区名駅南1-24-30 三井ビル本館 B1F
■電話: 052-551-3865
■営業時間:8:00~18:00
■定休日:日曜(日祝の連休は営業、年末年始)


大きな地図で見る

投稿日: 007 カフェ バー, 206 名古屋

あつた蓬莱軒 ひつまぶし 名古屋

八百善のラーメンを食べたあとは、常滑のウォークラリーで腹ごなし。カキ氷を食べながら茶屋のご主人とお話もしました。その後、常滑駅から名古屋に向かい、熱田神宮へ。緑豊かな素晴らしい神社です。その目の前にある、あつた蓬莱軒神宮店で食事をすることになりました。名古屋名物として有名な「ひつまぶし」。「いば昇」が元祖と言う説も有力ですが、この呼称は、あつた蓬莱軒の登録商標になっています。

100910b01

100910b02

100910b03
もちろん注文は、ひつまぶし2,730円。食べ方には作法らしきものがあります。おひつに入ったうなぎとご飯を、そのまましゃもじで切って4等分します。まずはそのままいただきます。2杯目はわさびや海苔などの薬味をのせて食べる。3杯目は薬味とダシ汁をかけて食べます。最後は一番気に入った食べ方で食べる。1品で3つの味を楽しめるのがいいですね。丼ものとしては、かなり値段が高めですが、食べ方は完全にB級なイメージ。名古屋らしいという気もします。

100910b04

100910b05
もちろん酒も注文。肝焼840円と合わせて、ビールや日本酒をいただきます。草薙(冷)1,050円は、熱田神宮御神酒だそうです。涼しげなガラスの徳利に入れられて出てきました。ちなみに、三種の神器の一つ草薙剣は、熱田神宮の御神体になっています。日本武尊が亡くなられた後、熱田神宮に草薙剣が祭られたとのこと。ただ本物の草薙剣が今どこにあるのかは謎のようです。

100910b06

100910b07

100910b08
熱田神宮は緑に囲まれた気持ちのいいところ。木製の巨大な鳥居は威厳があります。敷地内は空気が凛と張りつめて、厳かな雰囲気。そんな中、鶏が放し飼いになっています。きれいに掃き清められた緊張感のある庭、そこを我が物顔で横切る鶏。このギャップがなんともいい。熱田神宮が大好きになってしまいました。名古屋に来たらまたここに来て、ひつまぶしも食べて帰ろうと思います。



■店名:あつた蓬莱軒神宮店
■住所:愛知県名古屋市熱田区神宮2-10-26
■電話:052-682-5598
■営業時間:11:30~14:30(L.O)、16:30~20:30(L.O)
■定休日:火曜日


大きな地図で見る

投稿日: 206 名古屋