213 岡山

ラーメン 山金 新見

ラーメン 山金 新見
たい焼きラーメン餡じゃない

西日本旅行の続き。京都大阪を後にして、日本海側に向かった。伯備線という線で中国地方を縦断するのだが、途中で電車を乗り換えないといけない。次の電車までに時間があるので、一旦下車して、昼食をとることにした。新見駅という小さな駅。実はここには「たい焼きラーメン餡じゃない」というラーメンがある。これを一度食べてみたかったのだ。

「たい焼きラーメン餡じゃない」の「普通」が運ばれてきた。昔ながらのラーメンの雰囲気だが、金色のスープが美しく、なんともうまそうだ。ちょっとしたネタだと思って立ち寄った自分が恥ずかしくなるほどだ。こんな本格的なラーメンだとは思わなかった。

太めの麺と、鳥と鰹の出汁がよく合っていて結構うまい。なんとなくうどんみたいな印象も受ける、馴染みやすい味だ。肝心のたい焼きは、やはり餡ではなくて、ニラ、タコ、ごぼう、しめじなどが入っていた。そのままで食べるよりも、やはりラーメンに載せた方がうまそうだ。見た目が完全にたい焼きというのが面白い。

昭和22年に中華そば専門店として創業した「山金」。鶏ガラや煮干しを使った繊細なスープは感動的なうまさだ。「たい焼きラーメン餡じゃない」とか、「たこ焼きラーメン」だとか、一見ふざけたようなメニューでも、絶妙なバランス感覚で普通にうまいラーメンに仕上がっている。

◆続きを読む◆
投稿日: ラーメン, 213 岡山