215 広島

いっちゃん お好み焼き 広島

いっちゃん お好み焼き 広島
広島で少し時間があったので、昼ご飯を食べていくことになった。広島といえば、やっぱりお好み焼き。お好み焼きの有名店には、「八昌」、「みっちゃん」、「麗ちゃん」などいくつもあるが、店によっては1時間以上の行列だそうだ。でもそんな観光名所のようになっている超有名店でなくて、地道に頑張っている店はないだろうか。そうやって探していく中で僕が一番気になったのが「いっちゃん」だった。

「いっちゃん」は、広島風お好み焼きの元祖のひとつ「みっちゃん総本店」の息子さんの店。ちなみに、みっちゃんには3系統あって、親族ではあるが経営は別。広島市内で最も多くの店舗を展開している系統だ。

広島駅から10分ほど歩くと、いっちゃんの看板が見えてきた。店内は満席だったので外で待つことにした。店先に看板があり、「ねぎかけそば入り」「チーズそば入り」がおすすめと書いてある。それに従って「ねぎかけそば入り」にしようと心を決めたところで中に案内された。

運がいいことに鉄板の前のカウンター席が空いていた。いっちゃんはほとんどがテーブル席で、鉄板の前の席というのがこのカウンター5席だけなのだ。広島風お好み焼きの醍醐味は、鉄板の上に置かれたお好み焼きをコテでそのまま食べることにある、と僕は思う。それだけでもずいぶんと満足度が違うから、一度試してみてください。

◆続きを読む◆
投稿日: 020 その他B級グルメ, 215 広島

佛蘭西屋(ふらんすや) 西条

佛蘭西屋(ふらんすや) 西条
境港から瀬戸内海側に移動して電車に揺られて西条まで来た。西条といっても四国の西条ではなく、広島の手前、東広島の西条だ。瀬戸内海を挟んでちょうど反対側なので何か関係があるのかもしれないけど。

西条駅の近くには7つの酒造がある。以前は8つだったのだが、最近、賀茂輝酒造が廃業して7つになったそうだ。今あるのは、賀茂鶴酒造、福美人酒造、白牡丹酒造、西條鶴醸造、亀齢酒造、賀茂泉酒造、山陽鶴酒造。大正の時代には「酒都西条」と呼ばれるほどの一大銘醸地だったそうな。

オバマ大統領が安倍首相とすきやばし次郎で会食した際に出された酒は、西条・賀茂鶴酒造の「大吟醸・特製ゴールド賀茂鶴」だった。これはかなり旨い酒ではあるけれど、寿司の味を邪魔しない水のような酒だ。

その賀茂鶴酒造発祥の「美酒鍋」という料理があるのをご存じだろうか。美酒鍋は、終戦直後の食料がない時代に、賀茂鶴酒造の専務が出した賄い料理。当時安かった鶏の砂肝や白菜、葱を入れて日本酒と塩と胡椒だけで味付けをした。蔵人思いの専務が考案した賄い料理だったのだろう。今では東広島市の名物料理になっている。

◆続きを読む◆