2009年01月22日

割烹 登喜和 (ときわ) 「静岡うなぎ特集 」 三島のうなぎ

三島のうなぎ2店目は、「割烹 登喜和」です。登喜和は三島広小路駅のすぐ近くにありますが、建物が奥まったところにあるので、初めての人は見つけづらいかもしれません。僕はたまたまこの通りを歩いていた時に、道路沿いにある看板を見つけました。

登喜和は元々会席料理が中心の店でしたが、「もっと気軽に食べに来て欲しい」という想いから釜飯などのメニューをはじめたそうです。釜飯の中でも特に「うなぎ釜めし」は大人気となり、今では登喜和の名物になっています。

090117c01.JPG
店内は落ち着いた静かな空気が流れています。広々とした店内には、様々なタイプの席があります。右側には隠れるように6~8人席があり、奥には更に大きな個室が用意されています。2階は宴会場になってるようで、入り口付近の階段を団体さんが次々と上がっていきます。僕は左奥の掘りごたつの席をすすめられました。窓際に庭が見える明るい席です。各テーブルにはそれぞれ違った花が活けてあり、店内は清潔に保たれています。さすが割烹というだけあって、キチンとしています。

サントリーの取材である旨を告げ席に着くと、女将さんが注文の相談に乗ってくれます。「まずはプレミアム・モルツね?じゃ、すぐ持ってきます」。話しやすくテキパキとした気持ちのいい接客です。馴染みの居酒屋のように毎日一人で来ても楽しめそうな店ですね。三島にうなぎを食べに来て、2店とも気軽に楽しめる店でよかったと思います。

うなぎ釜めしは出来上がりに30分程度かかるということで、すぐに注文します。さて、あとはどうするか。ああいうのが食べたい、こういうのが食べたいと、女将さんにリクエストすると、「白焼きなんかいいんじゃない?わさび醤油でさっぱりするから」などと教えてくれます。確かにプレミアム・モルツを味わいつつ、その後の日本酒のことなどを考えると、これがベストに思えます。静岡の酒は、僕の大好きな開運(630円)と、磯自慢(630円)がありました。

090117c02.JPG
まずはザ・プレミアム・モルツとお通しがきました。釜めしも白焼きも時間がかかるメニューなので、しばらくはこれでチビチビやりながら待つこととします。

プレミアム・モルツは、料理を引き立てるだけでなく、ビールそのものを楽しめるビールです。ビールのうまさにもいろいろありますが、僕は喉ごしのいいビールよりも、香りが感じられるタイプが好きです。プレミアム・モルツは、高品質のホップをふんだんに使用しているので、とても香り豊か。その旨さや香りをここまで引き出した要因は、やはり水だと思います。三島のうなぎもおいしさのポイントは水でした。三島のように川の多い街を歩くと、水の大切さを感じずにはいられません。時間のかかるメニューばかり頼んだので、ビールを飲みながらそんなことを考えていました。

090117c03.JPG
しばらくすると、うなぎ白焼き(1,580円)がやってきました。見た目が美しいですね、これはお店も自信があっておすすめしたのがよく分かります。まずは味を確かめるために、何もつけずにいただいてみます。余分な脂がなく、さっぱりとしています。しかもちゃんと、うなぎのおいしさがストレートに伝わってくる。こうやって食べると三島のうなぎの質の高さがよく分かります。

ワサビ醤油でも食べてみましょう。これはビールが欲しくなります。しばらくこうやって、プレミアム・モルツと白焼きを交互に楽しみます。プレミアム・モルツはうなぎによく合いますね。軽めのビールでうなぎを食べると、水っぽくて物足りなく感じるでしょうね。

090117c04.JPG
うなぎ釜めし(1,470円)が運ばれてきました。上に載っているうなぎを一つつまみます。このうなぎもウマいですね。やはり三島のうなぎは薄味の方が生きてきます。ご飯もうなぎの旨みがよく出ています。僕がこれまで食べた中では、かなり上位にくる釜飯です。

090117c05.JPG
一緒に運ばれてきたダシ汁をかけて、ひつまぶし風に食べてみます。これがまた、驚くほどにうまい。ダシ汁をかけると劇的においしくなりました。ダシ汁にこれほどの効果があるとは驚きですね。登喜和のうなぎ釜めしはうまい。これはわざわざ三島まで出掛ける価値のある一品です。


ブロガーさんたちの記事は、サントリーの特設ページから読むことができます。



東京のうなぎと、どう違うのか?

詳しくは・・


コチラ!


静岡うなぎ特集

★★★ 静岡うなぎ特集 ★★★


■店名:割烹 登喜和
■住所:静岡県三島市広小路1-41
■電話:055-975-3312
■営業時間:11:00~14:00、17:00~22:00
■定休日:不定休
※2009年1月17日現在

静岡県三島市広小路1-41


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/461

コメント

私もうなぎは大好きです。

うなぎの本当の美味しさを味わうのであれば、やはり、白焼きが1番でしょうね。
釜飯もいいですね。

◆こうめさん
三島のうなぎのおいしさは、白焼きが一番分かりやすかったです。
ここの釜めしはウマかったですよ。こういう企画は本当はこうめさんが適任だったと思います^^;

くにさま。

うっわー、どんどんいってますねー、うなぎ百変化!

なるほど、ビールと鰻。
負けないビールってすばらしいですね☆

それにしても白焼きの魅力、最高級の釜飯にだし汁をかける勇気と贅沢〜!

いいところですね、静岡って!

◆laraさん
もっとどんどん行きたかったところですが、本町うなよしの特上うなどんのダメージが大きすぎて、これ以上は難しかったです^^;
ほんとはラーメン屋もいくつか行く予定だったのですが、残念でした!

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)