2009年02月19日

ラーメン 凪 新宿ゴールデン街店

酒を飲んだ後はいつもラーメンが食べたくなります。渋谷や銀座で飲んだ時はどこに行くかちょっと考えますが、新宿の場合はラーメン凪に行くことが多い。小さな店ですがいつ来てもほぼ満席の人気店です。大将の生田さんと知り合った【ど・なぎ】の時、準備していたのがこの店舗。その時の生田さんの凄まじい忙しさは強く印象に残っています。カウンターも厨房も狭い店ですが、居心地は悪くない。生田さんが店員さんと二人で頑張っているので、時々食べに行きたくなります。

08091201.JPG
味玉ラーメン 800円

「おっ、くにさん久し振り」。いつ来ても同じような対応で迎えてくれます。いつも酔ったままフラリと立ち寄るので、どんな状態なんだか自分でもよく分かりませんが、やさしく接してくれます。店内には生田さんの知り合いがよく来ているようで、博多弁も飛び交っています。福岡出身の僕としては懐かしい方言で結構落ち着く。いつもラーメンだけ急いで食べて帰るので、この雰囲気にどっぷり浸るとまではいきません。一度ゆっくり飲みに来たいと思います。

この日のお隣はラーメン本を見てきた女性二人客。生田さんが話しかけて、次第に客同士でも会話が広がります。奥の方から話に加わってきたのが、僕のイラストも描いてくれたイラストレーターの青木さん。ここに来るといつも青木さんにお会いします。しかし、この店の雰囲気はいい。生田さん中心に家族的な輪ができて一見さんでも取り込まれてしまう。一人飲みのスポットとしてもかなりいいと思います。

08091202.JPG
麺については「電車で運ぶ自家製麺」と店内に書かれている通り、本当に毎朝電車で運んでいるそうです。もっちりとした弾力がある麺で、驚くほどのコシがあります。麺の量は、並180g、中300g(+50円)、大400g(+100円)となっていて、味玉ラーメン800円と合わせると大が900円。大盛りで1,000円超えないので最近のラーメン店としては安めの設定でしょうか。

08091203.JPG

08091204.JPG
チャーシューはしっかりとした食感の脂身が少ないタイプ。味玉は半熟で、割ると中からどろっと黄身が流れ出します。「味玉は半熟に限る」とは全然思わないのですが、これは結構好きな味でした。

08091205.JPG

08091206.JPG
創業の地、新宿ゴールデン街に帰って来て煮干しスープを出すとは意外でした。てっきり博多ラーメンぽいものを出すと思い込んでいたので、逆に期待感があります。スープもうまいけど、ここは麺を楽しみたい店です。つけ麺もあるし、麺の種類もいくつかあるようです。思い入れのある創業の地で新たな挑戦をしようという意気込みが伝わってきます。

■店名:ラーメン凪 新宿ゴールデン街店
■住所:東京都新宿区歌舞伎町1-1-10 2F
■電話:03-3205-1925
■営業時間:11:30~15:00、19:00~翌4:00
■定休日:日曜・祝日
2008.09.12

東京都新宿区歌舞伎町1-1-10


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/480

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)