2017年05月24日

煮ジル 五反田店 ジムビームお店訪問企画


サントリーさんのジムビームお店訪問企画で、五反田の「煮ジル」に行ってきた。煮ジルはビストロ煮込み料理が自慢の店。コッテリとしたビストロメニューとジムビームハイボールの組み合わせを試してみた。
お店は地下だが、中に入ると明るく開けた印象。店員さんたちも明るく親切で、かなりいい店だということがすぐに分かった。BGMは矢沢永吉。なんか矢沢多いなあと思っていたら、矢沢永吉しかかからない店だった。知らない曲も何曲かあって、矢沢好きにはかなり楽しめる店だ。


まずは、ジムビームハイボールを注文。注文するとすぐに運ばれてきた。注文してすぐにお酒が出てくるのは本当に気持ちのいいことだ。なかなかそういう店はない。最初の一杯が出てこないと、どうも調子が出ないものだ。煮ジルはお酒を頼むとサッと出てくる。これはすごく大事なことだと思う。

「しらすチーズせんべいとジャンボマッシュルーム ほうれん草のサラダ」はパリパリのしらすせんべいがアクセント。エシャロットとバルサミコのドレッシングもいい感じだ。一皿が3人前ということで、ハーフサイズにした。

「海老とクレソンのビストロ餃子」、「とろとろ豚バラのビール煮込み」も注文。ビールでコクを深めた煮込みとのことだ。このコッテリとした料理にはジムビームハイボールが心地いい。スッキリサッパリと食すことができる。

「濃厚!鶏白レバーのペースト」は、パン食べ放題というのがいい。頼んでもないのに、パンが減りだすと、どんどん持ってくる。なんとも気持ちのいい店だ。


「アンガス牛ザブトンのコンフィ~わさびクレソン添え~」、「真ダコと新生姜のビストロ飯~すだちバター~」。柔らかく煮込んだ真ダコと酢橘のバターソースが相性抜群。ついでにジムビームハイボールとの相性も抜群だ。大衆ビストロというだけあって、値段がおさえられているのが嬉しい。どの料理もボリュームがしっかりあるので、満足度が高いのだ。


最後にデザートをお願いした。「大人のプリン」はコクのある滑らかなプリン、ほのかにブランデーが香っている。「レアチョコテリーヌ」は濃厚なチョコのテリーヌ。デザートも個性があって美味しかった。

店員さんが気がきいていて、気分よく飲むことができる。本当に気持ちのいい店だ。たくさんのお客さんがいるのに気にならないのは、席の間隔がある程度離れているからだろう。ジムビームハイボールは安くて、頼むとすぐに出てくる。こういう店が家に近くにあるといいのになあと思う。

ジムビームハイボール特集ページ
ジムビーム Amazonページ
■店名:大衆ビストロ煮ジル 五反田店
■住所:東京都品川区西五反田2-18-3
■電話:03-6417-0336


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/1238

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)