投稿日:  居酒屋, 久米島

波路 久米島 居酒屋

181221f_05.jpg
久米島のイーフビーチホテルの近くの飲食店街。そのいくつかは久米島を代表する居酒屋だ。久米島の食材を使っていて、魚がうまく、いろんなメニューがあって、とにかく安い。そんな店がいくつもある。初日は久米島らしい居酒屋の代表格「波路」にした。
写真は名物の「刺身盛り」。1人前(700円)、梅(1,000円)、竹(1,500円)、松(2,000円)とあるが、刺身の種類は同じで枚数が違う。梅は2〜3人前、松は5〜6人前だが、梅でもこのボリュームだ。

181221f_02.jpg
まずはオリオンビール。波路で飲むオリオンビールは格別。

181221f_03.jpg
自家製ジーマーミー豆腐(ピーナッツとうふ)(300円)

181221f_04.jpg
モズク酢(300円)

181221f_06.jpg
深層水の海ブドウ(400円)

181221f_07.jpg
名産の久米島鶏。久米島に来たら地元の食材を食べておきたい。久米島鶏、久米島牛、車エビなどは外せない。久米島鶏は、刺身(1,000円)、にぎり(1,200円)、塩焼き(800円)、から揚げ(800円)があった。

181221f_08.jpg
大根サラダ(700円)

181221f_09.jpg
自家製イカぼこ(500円)。手書きメニューには「自家製カマボコ(魚orイカ)orカキアゲカマボコ(各500円)」とあった。

181221f_10.jpg
「オリオンビール(生中)」(500円)。

181221f_11.jpg
魚皮の天ぷら(500円)。メニューは多種多様の品が並び、興味深い料理がたくさんある。「すし」(並1,200円・上1,500円)、「すしケーキ ※要予約」(2,000円)」、「魚皮の天ぷら」(500円)、「魚卵の天ぷら」(500円)、「血いりちゃー」(700円)、「サメにんにく揚げ」(500円)、「さかなステーキ」(500円)など書き出したらキリがないほどだ。

181221f_12.jpg

181221f_14.jpg
米島酒造の古酒「美ら蛍」。久米島蛍が生育する白瀬走川の水で造った泡盛だ。

181221f_01.jpg


■店名:海産物 波路
■住所:沖縄県島尻郡久米島町謝名堂548-32
■電話:098-985-7046