投稿日:  ラーメン, 大塚 巣鴨 千石 白山 駒込

博多長浜らーめん ぼたん 大塚

B8369181-1A0B-4050-A433-279969AFBDA3.jpeg
大塚の「博多長浜らーめん ぼたん」。都内では珍しく本場のような長浜ラーメンを出す店だ。東京には、福岡にあるような博多ラーメンの店はあまりないと思う。それは何故かと言うと、やはり東京の人の口に合わないからではないだろうか。東京の博多ラーメンは食べやすくアレンジされていて、博多ラーメンらしさが失われている店も多いように思う。それは別に悪いことじゃなくて、たぶん当然のことなのだと思う。

僕が子供の頃、博多ラーメンは男の食べ物だった。たまに女性を連れて行くと、「店に入りたくない」と言われる。店の外でもかなり臭うし、床は脂で滑りやすく、カウンターはベタベタするような店ばかりだった。そしてとにかく臭い。ラーメンに限ったことではなく、臭いものは美味いと思うのだが、これはたぶん少数派の意見だ。

今は福岡のラーメン店も変わってきて、そんな店は少なくなったように思う。昔のように臭くてベトベトの博多ラーメンが懐かしい。東京で食べるとしたら、大塚の「ぼたん」だろうか。ぼたんもちょっと臭うが、僕らとしては気にするほどでもない。

「チャーシューメン」(1,000円)をバリカタでお願いした。麺の硬さは、ハリガネ、バリカタ、普通、やわの4種類が掲示されている。これ以外の硬さがあるかどうかは知らないが、他店には、生、湯気通し、粉落としなどがあったりもする。子供の頃、湯気通しと粉落としの存在を知ったときは本当に驚いた。いったい誰が言いはじめたのだろうか。

5F681251-518F-45A0-BECA-7B785715BB7F.jpeg
「替玉」(100円)

■店名:博多長浜らーめん ぼたん 大塚本店
■住所:東京都豊島区北大塚2-12-3 ドルミ大塚1F
■電話:03-3915-8641