2010年05月19日

サントリー MIDORI×MIST(ミドリアンドミスト) セミナー

今月から、サントリー「恵比寿 麻布 青山のカフェ バー特集」がはじまります。人気エリア恵比寿、麻布、青山で見つけた、サントリーお勧めのバーやカフェを紹介する企画です。この企画のメインになるのが、新しいスタイルのカクテル、MIDORI×MIST(ミドリアンドミスト)。MIDORI×MISTとは、メロンリキュール「MIDORI」を使ったカクテルに、ココナッツやミントの香りを吹きかけて作るカクテルのこと。海外では知名度の高いMIDORIも日本ではまだまだ知られていません。実は日本でも、バーには必ず置いてあるメジャーなリキュールではあるのですが、僕もほとんど飲んだことがありませんでした。企画に先立ってセミナーをやってくれるということで、参加ブロガーさんたちと赤坂の会議室に集合しました。

10051201

10051202

10051203

10051204
サントリー赤坂オフィスでセミナーがはじまりました。会議室にバーカウンターがあるというのも、さすがサントリー。普通の会社では考えられないことです。まずはサントリー製品の歴史と共にMIDORIの歴史についてスライドで説明を受けます。このMIDORIというリキュール、ほとんど飲んだことはなかったのですが、バーには必ず置いてあります。日本での知名度はまだまだですが、世界50カ国以上で販売されていて、海外では「サントリーは知らなくてもMIDORIは知っている」というほどの知名度があるお酒です。1978年にアメリカで発売。カクテルの本場アメリカで認められたことで一躍有名になったそうです。特にオーストラリアでは人気があります。オーストラリアでは18歳からお酒が飲めるそうですが、飲みやすいMIDORIを最初に飲むことが多いそうです。お酒があまり飲めない女性にも、MIDORIで作ったカクテルは飲みやすく、色がきれいなので人気があるようです。

MIDORIのの原液と2種類の原酒を試飲しました。麦の代わりに、ほんのりメロンの香りがするニューメイクという印象。僕はほとんどこれだけでも飲めてしまうほどですが、ここから様々な味や香りを重ねていくのだから、MIDORIの原液には相当な深みがありそうです。と思って飲んでみると、原液は意外とさっぱりとしています。色もすっきりとしたクリアな緑色です。

原料には2種類の国産のメロンを使用しています。どちらも有名ブランドなので、ここには書けませんが、かなりの高級種を使っています。それなのに、原液からはメロンの味も香りもあまりしません。ところがカクテルにするとしっかりとメロンの香りが出てくるのが不思議なところ。他の酒やジュースなどと合わせた後のことをイメージして作られているそうです。ちなみに原液は全て日本国内で生産されています。海外にも工場はあるのですが、日本で作られた原液を使って最終的にMIDORIに仕上げるのが海外工場の役割。各国の趣向に合わせつつも、原液の品質にはこだわっているようです。香料についても人工香料は使わず、天然香料にこだわっています。

10051205

10051206

10051207

10051208
MIDORI×MIST(ミドリアンドミスト)とは、MIDORIを使ったカクテルに、ココナッツやミントの香りを吹きかけるスタイルのこと。定番の「MIDORIパインフィズ」というカクテルを作る実演をしてもらいました。MIDORIパインフィズとは、MIDORIにパイナップルジュースとソーダを加えて作ったカクテル。これにココナッツのMISTをスプレーします。容器をシュポシュポと前後にポンプして、カクテルに軽くスプレーします。大体1周半くらいスプレーするのが基本だそうです。バーやカフェでは、運ばれてきたカクテルにその場でスプレーしてくれる店もあります。ミントやココナッツの香りが広がって、爽やかな飲みやすい味わいになります。MISTは他にも、パッションフルーツ、バタースコッチ、サクラなどいろいろとあるそうです。

ハンバーガーなど軽食が運ばれてきました。こちらも定番の「MIDORI スプライス」。スプライスとは重ね合わせるという意味で、MIDORI、パイナップルジュース、生クリームなどを組み合せて作られます。インドカレーを食べる時によく飲むラッシに似ているという人もいました。そのくらいさっぱりと飲める、お酒とは思えないような飲みやすいカクテルです。最後にC.C.レモンで作る「MIDORI LEMON」。これはすっきりと軽く飲める。MIDORIはフルーティなリキュールなので、パイナップルやC.C.レモンなど柑橘系のジュースと相性がいい。MISTのバリエーションもあるので、様々なカクテルを作ることができます。

MIDORI×MIST(ミドリアンドミスト)は日本でも提供する店が増えてきました。今回の「恵比寿 麻布 青山のカフェ バー特集」では、MIDORI×MIST(ミドリアンドミスト)を中心にお店を回ります。特集ページからは他のブロガーさんの記事も見ることができます。気になるお店にはぜひ足を運んでみてください。そして新感覚のMIDORI×MISTもぜひ!※ツイッターのハッシュタグは #midorinow です。

恵比寿 麻布 青山のカフェ バー特集


今行きたい!恵比寿 麻布 青山のカフェ バー特集 首都圏版 サントリーグルメガイド


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/709

コメント

確かにオーストラリアではメジャーなリキュールでした。
お酒全く飲めない私でしたが、どうしてもな時はこれ垂らしてもらってました。

こんばんは。

これだけ普及しているのに国内生産がほとんどなんですか!それも国産のメロン・・さすが日本の誇るサントリー・・ウイスキーに対するこだわりといい、職人技ですね。

京都のバー「サンボア」や「飛鳥」でMIDORIをつかったカクテルを頼んでみたいです^^

◆Gingerさん
やっぱり向こうではメジャーなお酒なんですね。日本ではこれからというところでしょうか。

◆はーるんさん
サンボアにあったかな~?あんまりサンボアっぽくない酒ではありますが祇園には合いそうな気がします。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)