2012年09月03日

福岡 フレンチ ジョルジュマルソー

今回の旅行で福岡には4日ほど滞在する。九州といえば食材。玄界灘や五島列島の魚などは東京の高級店がわざわざ直送で仕入れるほど評価が高い。魚だけでなく野菜、鶏、豚、牛なども有名な産地や銘柄がいくつもある。福岡の飲食店にはこういった高品質な食材を新鮮な状態で使えるという強みがある。東京だと頑張っても空輸だが、福岡のレストランはその日とれた魚をすぐに使える。これはものすごいアドバンテージだと思う。福岡のレストランで友人と3人で会うことになった。伺ったのは「ジョルジュマルソー」。厳選した九州の食材を使ったフレンチレストランだ。

バターナイフ
バターナイフ

サザエ

冷製サラダ
唐津産車エビと特別栽培野菜のサラダ仕立て

近くで車を止めてレストランまで歩いていった。外観はオシャレで高級感がある。店先に黒服の店員さんが立っていて、タクシーで乗りつけたお客さんをエスコートしている。うーん、僕のこのカッコで大丈夫なんだろうか。ホームページにはドレスコードについて記載があった。「サンダル・短パン・タンクトップなどの軽装はご遠慮下さい」とのこと。旅行中なのでもちろんジャケットなどは持っていない。ジャケット着用の店はお店で用意してくれていることも多いけれど、念のため電話で確認してみた。自分の服装を説明すると、そのカッコで全然大丈夫ですよと言われたが、実際店の前まで来てみるとちょっと不安になる。

黒服の人に予約名を告げて中に入った。店内はやや暗く、照明を落とした落ち着いた雰囲気。窓の多い建物だが、縦長の細い窓なので窓際以外はそれほど自然光が入らないようだ。夜の雰囲気を重視した照明なのかもしれない。高級感はあるが店内の印象は意外とカジュアル。これならランチでも訪問しやすい。

テーブル上には木製のオブジェ。何だろうとみんなで話していたら、店員さんがバターナイフだと教えてくれた。そういえばコレ前にどこかで見たことある。けっこう持ちやすくて使いやすい。デザインがいいので、オシャレな置物にもなる。

桃のスープ
桃のスープ

スズキのポワレ
スズキのポワレ

ランチはdejeunerA 2,500円、dejeunerB 3,500円、dejeunerC 5,000円、dejeunerD 7,500円とシェフのおまかせコースdejeunerX 10,000円の5種類。dejeunerというのは昼食の意味。日本語に訳すとA定食、B定食……となるのだろうか。いや、そうはならないか。

料理は全体的においしくて、食材の個性を引き出すような工夫がされている。素材重視の店にありがちなサッパリすぎる味付けでもないし、コッテリしすぎてもいない。それぞれの皿にしっかりと個性があって、適切なバランスでコースが組まれている。

その中でも特に印象に残った料理が2皿あった。一つは前菜の冷製サラダ。唐津産車エビと特別栽培野菜のサラダ仕立て。唐津産の車海老、鱧、黒鮑、自然農園の野菜など見た目も美しく組合せのバランスもいい。こういう料理は素材のよさがはっきりと出るものだ。この店が何をしようとしているかが明確に伝わってくる。爽やかでバランスのいい一皿。最初に出てきた料理だけにものすごく印象に残った。

もう一つは初夏限定の桃のスープ。これはほんとうに絶品だった。このスープを目当てに来るお客さんも多いそうで、「桃のスープははじまってますか?」という問い合わせも多いという。桃好きの僕としては、桃の料理には許せないものも多い。そのまま食べるのが一番うまいのだから。こんな料理にするくらいならそのまま食べさせてくれ!と言いたくなることもある。でもこの桃のスープには脱帽。変な言い方だけど、これは桃よりうまいかもしれないと思う。

肉

デザート

黒アワビ
お店の方が持ってきてくれた30年ものの黒アワビ

スズキのポワレもうまかった。このスズキは東京では味わえないと思う。単に鮮度がいいとか活きがいいとか、そういうことだけではない。身がしまっていて、味わいがあって、フレッシュで……。なんと表現していいか難しい。逆に普段僕らが食べている魚というのは、ストレスフルで爽やかさがない。元気がないというか気が抜けているというか。その逆と言った方が分かりやすいかもしれない。

ジョルジュマルソーは、唐津の活魚、大分で特別栽培された「むかし野菜」など食材にこだわり、「ここでしか食すことのできないフランス料理」を提供している。料理、サービス、内装などを見ると、この店は東京にあっても人気が出るように思える。でも東京だと食材の質がかなり落ちるのでコンセプト自体が成り立たなくなる。東京にも五島列島直送とかを売りにしている店もあるが、福岡のレストランは漁場から数時間しかかからない。僕らが食材が全然違うなと思ってもそれは仕方のないことだろう。おいしいものを食べたければ地方に行くしかない。そのことを再確認したしたように思う。


■店名:ジョルジュマルソー Georges Marcea
■住所:福岡市中央区大手門1-1-27 オーテモンウェルリバーテラス1F
■電話:092-721-5857
■営業時間:ランチ 11:45~15:30(L.O.14:00)、ディナー 18:00~23:30(L.O.22:00)



大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/915

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)