2012年09月27日

大阪 バー オーガスタ BAR AUGUSTA

オーガスタ セブン
オーガスタ セブン(AUGUSTA 7)

串かつを食べた帰りに大阪の有名なバー「オーガスタ」に寄っていくことにした。入口は2つあって、右側がオーガスタ、左側はオーガスタ・ターロギー(BAR AUGUSTA Tarlogie)という店だ。普段は左側だけ開いていて、右側は店に入りきれなくなったら開くらしい。

中に入ると若者がウジャウジャいて、オーセンティックバーとは思えないほど騒がしい。関西の大物バーテンダーの店と聞いてきたので、もっと物静かな店を想像していた。その予想と全く違っていて、バーというよりもパブに近いような雰囲気。みんな楽しそうに大声で話したり笑ったり、その合間に注文を叫ぶ声が聞こえる。騒がしい店が悪い店というわけではない。たぶん若者がたくさん集まる賑やかな店にしたいという思いがあるんじゃないかと思う。

注文ははじめから決まっていた。この店の定番「オーガスタセブン」だ。オリジナルのカクテルで、パッソア、レモンジュース、パイナップルジュースをシェイクしてつくる。底の丸いグラスで運ばれてきた。爽やかでデザートのように甘いカクテルだ。これは他の店では味わえないカクテルだと思う。

店は非常に忙しくしていて、注文がどんどん入る。どの席もワイワイと話が弾んでいて、酒も次々と運ばれてくる。ホットサンドイッチが人気だというので注文すると「今日はちょっと、かなりお時間かかりますが・・」と言うので、「大丈夫ですよ、暇なので待ちます」と告げる。ほんとうに暇だし、あとはホテルで寝るだけなので、1時間くらい待ったとしても問題はない。2~3杯飲んでいるうちにできるだろう。

そう思っていたらさっきのバーテンダーさんがご主人と何やら話をして戻ってきた。「すみません、パンを切らしていて今日はできないんです」。残念。旅行で来ているので、こういうのは痛い。残念だけど、ちゃんとしたカメラも持って来てないので、どうせこの暗さじゃおいしそうな写真は撮れそうにない。フードは諦めて、ラフロイグのソーダ割りを一杯だけ飲んで帰ることにした。

ホテルの近くに、遅くまで飲めそうな中華料理店がある。有名なバーよりも、近所の店の方が意外と楽しめるかもしれない。さすがにこの日は遅くなり過ぎたので、寄って帰りはしなかった。来年はホテルの近くで飲むのもいいかなあ。


■店名:BAR AUGUSTA
■住所:大阪府大阪市北区鶴野町2-3 アラカワビル1F
■電話:06-6376-3455
■営業時間:17:00~00:00(L.O.23:30)
■定休日:不定休


大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/925

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)