2012年11月06日

駒込 立呑 ひろし

金宮ホッピー
金宮ホッピー400円

駒込の2軒目。駅の反対側にある「立呑ひろし」に向かった。この店も駅前にあるが「きんらん」とは反対側。駅のガードをくぐって、ほんの五分。ハシゴにはちょうどいい距離だ。

ポテトサラダ
ポテトサラダ300円

ちくわイソベ揚げ
ちくわイソベ揚げ300円

店に入ると手前のテーブルが空いていた。そこに立ってしばらくメニューを眺めながら待ったが、誰も注文をとりにこない。隣で飲んでいた人が「おーい、お客さんだよ」とお店の人を呼んでくれた。それも聞こえてないらしく、奥の人が「ちょっと待ってね」と厨房まで声を掛けに行ってくれた。なんつー、連携のよさだ。全てお客さんがやってくれる。ようやく女将さんが現れて「カウンターどうぞ」というのでそちらに移動。カウンターは、左側におじさん2人、右側は男女で飲んでいる。その隙間を空けてくれた。

まずはポテトサラダ300円を注文。飲み屋に行くとかなりの確率でポテサラを頼むのだが、この値段でこのボリュームはあんまり記憶にない。内容も充実していてお得感がある。飲み物は金宮ホッピー400円にした。金宮は「昔ながら」な感じがいいのか、最近人気の焼酎だ。東京の下町の居酒屋ではよく目にする焼酎なので、ちょっとした箔がついているのかもしれない。

会計のシステムはキャッシュオンで、目の前にある籠の中にお金を入れておくと、お店の人が勝手に取っていく。はじめから2千円くらい入れておくと、めんどくさくないし、自分がいくらくらい使ったか分かりやすい。小銭だけになってくると、「あと1杯にしておこう」とか「今日は飲みすぎているな」とか、冷静になる瞬間があるのがいい。

焼きそば
焼きそば400円

立呑ひろし
会計はキャッシュオン。お店の人がこの籠からお金を取りお釣を入れてくれる。

右側で飲んでいた2人は男女のカップル風だったが、なぜか男性が先に帰って行った。2人で飲んでいるというのは勘違いで、この店でたまたま一緒になっただけなんだそうな。昔からの知り合いみたいな感じで話していたので、これは意外だった。女性は話し相手が帰ったので奥の集団と飲みはじめた。こちらはどうやら元々知り合いらしい。

左隣は、おじさんたちと入れ替りにおばさんが来た。近所に住んでいるそうで、いろいろと話し掛けてくる。昔何軒か店をやっていたとかそんな話。この店にはよく来るそうで、いろんなエピソードを教えてくれた。

立呑ひろしなのに、ひろしさんらしき人がいないのが気になっていたのだが、隣のおばさんによると、ご主人は最近足を怪我して休んでいるとのこと。だから常連さんが女将さんに負担をかけないように気を遣っていたのか。みんなの連携プレーにはそういう意味もあったようだ。

この店には、「そんなひろしに騙されて」という日本酒も置いている。実は「立呑ひろし」で「そんなひろしに騙されて」を飲むのを楽しみにしていたのだが、この日はもう終わっていたので、ハイボール300円を飲んで帰ることにした。最後に調子に乗って焼きそばなんかも注文したが、それでも合計1,700円。雰囲気がよくて、居心地のいい立ち飲みだった。


■店名:立呑ひろし
■住所:東京都北区中里2-2-1
■電話:03-5394-5168
■営業時間:16:00~24:00
■定休日:日祝


大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/938

コメント

駒込は学生時代バイトで通った地で懐かしくなりました。
ガード脇の中華”珍珍”まだあるのかな。

◆jimmyさん
コメントありがとうございます。珍珍亭まだありますよ。駅周辺も気になるお店がいくつかあります。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)