2016年01月07日

ル・リュタン 駒込

ル・リュタン 駒込
昨年のクリスマスは地元のレストランに行こうということで、いくつか検討した結果、駒込駅から近いフレンチ「ル・リュタン」に行くことにした。本郷通り沿いにあって隣は六義園だ。この辺りは時々散歩をするのだが、なかなかいい感じのフレンチやイタリアンが多くて、いくつか気になっている店もある。ル・リュタンもそんな店の一つだった。

ランチコースは、2,500円、3,500円、ディナーコースは、5,000円、7,000円、8,000円~とあるようだが、クリスマス期間は10,000円のコースのみ。サービスは男性で、シェフは女性。オーナーであるマダムが時々テーブルを回って話しかけてくれる。地元のフランス料理店らしく、こじんまりとしたアットホームな雰囲気の店だ。

ル・リュタンは、既製品とか化学調味料を使わない店ということで、自然で素朴な美味しさが魅力の店だ。これはオーナーの考え方なのだと思う。シェフが女性ということで、料理はどれも繊細。特にデセールの美味しさや見た目の美しさには目を見張るものがある。家の近くにこんなレベルの高い店があるなんて。今年は家の近くの店になるべく行こうと思っているけど、それはこの店の影響でもあります。

ル・リュタン 駒込
アミューズ フォアグラのクレームブリュレ

ル・リュタン 駒込
前菜 人参のムースと北海道産生ウニ・コンソメジュレ

ル・リュタン 駒込
自家製ミルクパン

クレームブリュレは実はものすごく小さい。ほんの少ししかないのだが、この日の期待感がグッと上がるほどのおいしさ。

自家製のミルクパンが美味しくて、何度も追加でいただいた。こういう自然派の店というのはいいものですね。何でも安心して食べることができる。実に素朴で自然な美味しさにホッとする気がする。

ル・リュタン 駒込
温前菜 オマール海老とホタテのフリカッセ カリフラワーとハーブの香り キャビアを添えて

ル・リュタン 駒込
魚料理 金目鯛とお魚のムースのクルスティヤン ちりめんキャベツのブレゼとアメリケーヌソース

ル・リュタン 駒込
肉料理 和牛ヒレ肉のロッシーニ パイ包み焼き ソーストリュフ

メインの魚料理や肉料理は実に手が込んでいる。一つ一つの印象がものすごく強くて、いまだに味をハッキリと思い出せるほどだ。いい店というのは何年経っても味を覚えているものだけど、この店もたぶんそうなると思う。

ル・リュタン 駒込
アバンデセール 温州みかんのシャーベットとコンポート 紅茶のジュレ

ル・リュタン 駒込
グランデセール ホワイトチョコとブラウニー・苺のムースのオモニエール 苺とベリーのソース

デセールが秀逸。見た目も美しくて味もいい。たぶんセンスがいいんだと思う。いろいろな工夫があったりして、小さな店とは思えないほどに料理やデセールにこだわりがある。

ル・リュタン 駒込

ル・リュタン 駒込

ル・リュタン 駒込
クリスマス期間ということで特別にワインが用意されていた。また、お手製のディスプレイは先日オーナーがフランスで買ってきたお菓子や、もう作り手がいないというフランスの玩具など。マダムのお話を聞くと、フランスやアルザスに対する思い入れの強さがうかがえて、とても面白い。

料理が美味しくて気取らない雰囲気の店だ。しかも歩いて帰れるほど家から近いのがありがたい。また伺おうと思う。

ル・リュタン 駒込(くにろく 居酒屋探訪記)

■店名:ル・リュタン
■住所:東京都文京区本駒込6-15-19
■電話:03-3944-0299


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/1174

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)