2017年11月09日

ル・マルカッサン ビストロ 護国寺


護国寺駅から不忍通りを早稲田方面に行くと、いくつか小さなフランス料理店がある。こちら側は繁華街ではないので、住んでいる人以外はあまり行かない場所だが、ちらほらと興味深い店がある。「ル・マルカッサン」もそんな店の一つ。自転車で早稲田に行くときに発見した趣味の良さそうな小さなビストロだ。


店内はビストロらしい赤と白のクロスに、壁にはいろんな大きさの絵がたくさん掛かっていて、センスのいい落ち着いた空間になっている。奥のテーブルには女の人が2人、親子だろうか。どうやらこの近くの人のようだ。隣は女性1人で来ていて、時々店主と話しているところを見ると、たぶん近所に住んでいて時々ランチに来る人なのだろう。

ル・マルカッサンはご主人が1人で切り盛りしている。1人で料理を作って、サービスもして、しかも、ものすごくいいタイミングでふらっと席に来ては注文を聞いたりしている。これは普通ではとても考えられないことだ。どんなに忙しくても気軽な感じで気持ちのいいサービスをしてくれる。しかも値段がかなり安い。家の近くにこんな店があれば、誰でも通ってみたくなるだろう。


夜のメニューは「プリフィックスディナーコース」3,000円(税込)だけである。オードブルを1品、メインディッシュを1品を選び、食後にデザート又はコーヒーが付く。オードブルとメインディッシュはどちらも6種類あって、オードブルの「フォアグラとイチジクのテリーヌ」だけ+600円となっている。

うちは2人なので、オードブルは2人とも「フォアグラとイチジクのテリーヌ」にして、メインは「鴨のコンフィー こんがりオーヴン焼き」と「真鯛のポアレとカキのクリーム煮」にした。料理もサービスも1人で大変そうだが、それでも料理に手を抜くことはない。鴨も真鯛も表面はカリカリとして、中はしっとりとしている。メリハリの効いた見事な仕上がりだ。

ワインを頼むと、どちらにしますか?と、グラスに2杯注いで試させてくれる。この太っ腹な感じがこの店の良さだろう。


デザートは、「クルミとイチジクのタルト」、「スフレチーズケーキ」、「タルト タタン」、「ガトーショコラ」、「ガトーマロン」、「ヌガーグラッセ」、「グレープフルーツのシャーベット」、「キャラメルのアイスクリーム」、「デザートの盛り合せ(+600円)」、「チーズ」の10種類ある。どれもこれも気になるので、盛り合わせ的なものをお願いした。全種類、半分ずつくらい入れてくれるらしいが、店主によると1人で全種類は多すぎるとのことで、1人前にしてもらった。


食後酒は800円から用意されている。コニャック、アルマニャック、カルヴァドス、シングルモルトなどメニューには9種類ある。シングルモルトは何か聞いてみると、グレンリベット、ラフロイグ、ボウモアだった。この日はラフロイグにした。ボウモアやラフロイグをたっぷりと入れてもらって800円。これはかなりお得感がある。相方が頼んだ洋なしのブランデー「ポアールウィリアムス」は炭酸水で割って出してくれた。本当に気持ちのいいサービスをする店だ。家からも近いし、今後わが家の定番の店になりそうだ。

■店名:ル・マルカッサン
■住所:東京都文京区目白台2-13-5
■電話:03-3946-7177



トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/1262

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)