2018年11月16日

千成 巣鴨 居酒屋


巣鴨の駅前にある居酒屋「千成 本店」。朝〆のモツ焼きがうまい店だ。僕はこの店のカウンターが好きで、結構な頻度で通っている。席に着くとすぐに、飲み物と「もつ焼5本セット」と「牛モツ煮込」を頼む。もつ焼は塩とタレがあるが、この日はタレにした。牛モツ煮込はトロトロとしてうまい。このモツ煮込は都内でも有数の逸品だろう。相変わらずモツは新鮮でうまいし、カウンターの雰囲気は最高。この辺では一番のお気に入りの店だ。


もつ焼5本セット(しろ、レバ、たん、はつ、かしら)600円

千成があるビルの地下に「ひろちゃん」という店があるが、これは千成の関連店。確か千成がお兄さん、ひろちゃんが弟の店だったと思う。千成はやきとんがメインで、ひろちゃんは新鮮な魚が評判だ。メニューは共通で、ひろちゃんで千成のやきとんも食べれるし、逆に千成でひろちゃんのメニューも注文できる。

千成の前にはいつもノラ猫がいる。たぶんエサをもらえるのだろう。店にもちょこちょこ出入りしているが、この日は外からサーっと歩いてきて、荷物の積んである棚に飛び乗った。奥の小上がりのお客さんが、あまりの速さに見逃したようで、猫の名を呼んでいたが全然出てこようとしない。時々姿を見せるものの、お客さんにはあまり興味がないようだ。

この店を大衆酒場と言う人がいるが、値段を考えると大衆酒場とは言いづらい。ビールが650円の時点で大衆価格ではないだろう。1人で何杯か飲んで食べて大体4,500円くらいにはなる。決して安いわけではないが、雰囲気がよく料理もおいしい居酒屋なのだ。


あん肝(680円)


お通し


牛モツ煮込(600円)


一人前刺身盛(930円)


生ビール(630円)


レモンサワー(400円)


■店名:千成 本店
■住所:東京都豊島区巣鴨2-3-8 第2ゆたかビル
■電話:03-3918-9479


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/1315

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)