東北・北海道 新幹線 グランクラス

190728a_03.jpg
新型コロナウイルスの影響で外出が出来ないので、昨年行った旅行の記事を書くことにした。新幹線のグランクラスで北海道に行ったのだが、これが本当に快適すぎて素晴らしかった。グランクラスの何がいいかというと、お酒が飲み放題で、頼めばすぐに持ってきてくれるところ。酒飲みにはこれ以上の列車旅はないだろう。

グランクラスは「すべては"18人のお客さま"のために」ということで、ひと車両に18人だけの「極上のプライベート空間」を提供している。普通の新幹線よりも座席のグレードが高く、軽食やおつまみ・茶菓子、パウンドケーキ(石川県産五郎島金時使用)などが出る。ドリンクは飲み放題。ビールは今回はエビスだがプレモルの時もある。ハイボールはメイカーズマークのミニボトルとソーダのセットだった。軽食は外苑前の日本料理「一凛」店主、橋本幹造氏監修。コンセプトは「沿線の魅力を折箱に」ということで、「豆皿八寸」を看板料理にしている一凛ならでは。

帰りの新幹線もグランクラスにした。軽食のメニューは行きとは違っている。以前は2種類から選べたようだが、今は選べず、上りと下りでメニューを変えているようだ。どちらも一凛店主、橋本幹造氏の監修だ。


◆続きを読む◆
投稿日:

日本橋 老舗屋

200219_19.jpg
神泡サーバー説明会の後は歩いて次の店に向かった。「日本橋 老舗屋」は東京駅と日本橋駅から徒歩2分の場所にある。"老舗より本物の美味しさを届ける"をコンセプトに、伝統ある銘店の食材と全国の厳選素材を使用している。老舗ならではの味が一堂に介するということで、老舗屋と名付けたようだ。

店内は日本家屋風の内装で雰囲気がある。個室もあり大部屋もあり、様々な用途に使える店だ。新鮮な魚介と料理。そして美味しい生ビールを楽しむことができる。

日本橋 老舗屋は神泡超達人店に認定されている。神泡超達人店とは、「ザ・プレミアム・モルツ<樽生>のおいしさと美しさに徹底的にこだわり、究極の状態でお客様にご提供しているお店」(サントリーHPより)のこと。神泡サーバーイベントの後にはもってこいの店だ。

◆続きを読む◆
投稿日:

サントリー 新神泡サーバー

200219_09b.jpg
サントリーさんのお誘いでブロガー新年会に参加してきた。今回は新神泡サーバーのお披露目も兼ねている。神泡サーバーというのは、自宅で缶ビールに装着してクリーミーな細かい泡(神泡)を作り出すサーバーだ。まずは八重洲の「神泡BAR」に集合し、新神泡サーバーの説明を受けた。

新型 神泡サーバー2020 進化ポイントは以下の4点。今までは缶に装着したり洗浄したりする必要があって面倒だったが、よりコンパクトになり洗浄も不要になった。これまでとは比較にならないほど、気軽に使えるように進化している。

1.コンパクト(約11センチの手のひらサイズ)

2.超音波(神泡サーバー史上最大の超音波波動数)

3.洗浄いらず(お手入れなしで繰り返し使える)

4.生活に浸透(冷蔵庫専用マグネットでいつでも使える)


■■最新型 神泡サーバー2020 絶対もらえるキャンペーン■■

応募期間: 2020年3月24日(火) ~ 2020年5月15日(金)

※ザ・プレミアム・モルツ、ザ・プレミアム・モルツ〈香る〉エール、ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリームに付いている応募シールを貼って応募する。

◆続きを読む◆
投稿日:

らあめん あじるく 大塚

200306_03.jpg
日本橋にあった店が今年の2月大塚に移転してきた。昼は「らあめん あじるく」、夜は創作和食と日本酒の店「HuQu(ふく)」として営業している。らあめん あじるくは1週毎に塩らあめんと醤油らあめんを出している。この週は限定で「いりこ塩らあめん(手もみ太ちぢれ麺)」だった。次の週は「秋刀魚節醤油らあめん」だそうだ。最近よくあるビジュアルのラーメンだが、居酒屋がお昼に出すラーメンとしてはかなりクオリティが高いと思う。

◆続きを読む◆
投稿日: