御料理 古川 福岡

jjfukdg-12.jpg
新型コロナの影響でしばらくは過去記事です。博多の「御料理 古川」。福岡県出身のご主人は大阪の「味吉兆」で13年修行し、「味吉兆 ぶんぶ庵」では板長を務めた。福岡に帰ってきて、御料理 古川をオープンしたのが2018年7月。次の年の「ミシュランガイド福岡・佐賀・長崎 2019 特別版」で2ツ星を獲得している。

前半で出される美しい八寸は、この店の名物。これが出てきた時の高揚感と期待感はこの上ない。その後も、カウンターの上で鮎を焼いたり、すき焼きが出たりと、あの手この手で楽しませてくれる。

ご夫婦が卒業した料理専門学校の生徒さんを現場実習で受け入れていたり、博多織、大川組子、久留米籃胎漆器、博多曲げ物など地元福岡の「ものづくり」を積極的に取り入れ、同世代の作家の方の作品も使用している。福岡でこそ表現できる日本料理の可能性を追求しているそうだ。

この日は帰省途中に立ち寄ったので、大きな荷物を持っていた。博多駅から歩くと15分くらいかかるので、タクシーで来ればよかったと後悔したものだ。それだけに入り口のところで奥様に心のこもった対応をしてもらったのはとても嬉しく、これだけでファンになってしまうほどだった。夫婦で店を営んでいて、料理もサービスも素晴らしいという店は珍しい。ここ数年で最も印象に残った店のひとつだ。

「夜のおまかせ」は、10,000円と15,000円。「昼のおまかせ」は6,000円。今回は夜の15,000円にした。

◆続きを読む◆
投稿日: 和食 寿司, 福岡

中勢以 内店 茗荷谷

aaokvtykk-12.jpg
新型コロナの影響でしばらくは過去記事です。茗荷谷駅の近くにある桜の名所、播磨坂。この坂は気のきいた飲食店がいくつも軒を連ねている。「中勢以 内店」はその中でも比較的新しくできた店だ。

熟成肉専門店「中勢以」が出したレストラン併設の店舗。「内店」というだけあって、熟成肉を販売するコーナーの奥に店の入り口がある。肉専門店だけに男性客が多いのかと思いきや、近くに住むマダムやママ友の会合の場となっていた。

肉を使ったちょっとした料理がいくつか出て、最後にお茶漬けとデザートで〆る。そんな店だけに、肉をガツンと食べたい人には物足りなく感じるかも知れない。

訪問当時はミシュラン1ツ星だったが、今は星を失っている。ミシュランガイド2021のセレクトを見る限り、ミシュランの趣向が変わった影響もあるように思う。

◆続きを読む◆
投稿日: 肉料理, 茗荷谷 護国寺

赤坂 菊乃井

ppjukais-9.jpg
新型コロナの影響でしばらくは過去記事です。赤坂駅前の赤坂通りを一本入るとビルやマンションが立ち並ぶ細い通りがある。この道の傍に竹林に囲まれた石畳があり、奥に進むと「赤坂菊乃井」の入口が現れる。ここには都会の喧騒はなく、静かな空間が広がっている。

赤坂菊乃井は京都の菊乃井本店と同じメニューを提供している。水も京都の水を持ってきて使っているそうだ。日本料理の出汁は水によって出方が変わる。特に東西では水の性質が違うので、こだわる理由も理解できる。飲み水も京都の水を使用しているそうだ。

座敷は4室あり、そのうち2人部屋は茶室のみだ。個室料を払えば他の座敷を2人で使うこともできるが、1つしかない茶室が空いていたので、そのまま茶室にしてもらった。サービスを担当してくれたのは若い女性で、とても気が利いていて好感が持てる。料亭のサービスは若い人には難しい部分もあるが、丁寧な対応をしてくれた。

ミシュランガイドでは、京都の菊乃井本店は3つ星、赤坂菊乃井は2つ星。それだけの差がどこにあるのかは不明だが、赤坂菊乃井が高評価に値する店なのは確かなことだ。

◆続きを読む◆
投稿日: 和食 寿司, 赤坂 溜池山王

ドミニク・ブシェ トーキョー

aaejudkg-12.jpg
新型コロナの影響でしばらくは過去記事です。記念日にフレンチに行くことになったので、以前から気になっていた「ドミニク・ブシェ トーキョー」を予約することにした。

ドミニク・ブシェ氏は若い頃、ジョエル・ロブション氏に認められ、2つ星レストランのシェフに就任。その後、「トゥール・ダルジャン」のシェフに迎えられ、7年間3つ星を維持した。その後もパリや生まれ故郷のシャラント地方の店で活躍し、パリに「レストラン ドミニク・ブシェ」をオープンしたのが2004年。

日本にもいくつか出店している。2013年、銀座に「ドミニク・ブシェ」をオープン。これが移転して「ドミニク・ブシェ トーキョー」となる。2016年、銀座にビストロ「レ・コパン」、2017年に金沢、2019年に名古屋にも出店している。

訪問時はミシュラン2つ星だったのだが、最新版ではなぜか1つ星になってしまった。料理の満足度が非常に高かっただけに、ちょっと意外だった。店員さんは親切でフレンドリーな印象。店内は豪華な内装というよりも、お洒落な友達の家に招かれたような雰囲気だった。くだけた感じのサービスということもあり、とてもゆっくりとした落ち着いた時間を過ごすことができる。

最近の軽いフレンチではなく、しっかりとした味わいのある料理が並ぶ。メインの肉もボリュームがあり、食べ応え十分だ。28,000円のコースにシャンパンと赤ワイン1本。コスパもサービスもよく、満足できる内容だった。

◆続きを読む◆
投稿日: フレンチ, 銀座