博多長浜らーめん ぼたん 大塚

B8369181-1A0B-4050-A433-279969AFBDA3.jpeg
大塚の「博多長浜らーめん ぼたん」。都内では珍しく本場のような長浜ラーメンを出す店だ。東京には、福岡にあるような博多ラーメンの店はあまりないと思う。それは何故かと言うと、やはり東京の人の口に合わないからではないだろうか。東京の博多ラーメンは食べやすくアレンジされていて、博多ラーメンらしさが失われている店も多いように思う。それは別に悪いことじゃなくて、たぶん当然のことなのだと思う。

僕が子供の頃、博多ラーメンは男の食べ物だった。たまに女性を連れて行くと、「店に入りたくない」と言われる。店の外でもかなり臭うし、床は脂で滑りやすく、カウンターはベタベタするような店ばかりだった。そしてとにかく臭い。ラーメンに限ったことではなく、臭いものは美味いと思うのだが、これはたぶん少数派の意見だ。

今は福岡のラーメン店も変わってきて、そんな店は少なくなったように思う。昔のように臭くてベトベトの博多ラーメンが懐かしい。東京で食べるとしたら、大塚の「ぼたん」だろうか。ぼたんもちょっと臭うが、僕らとしては気にするほどでもない。

◆続きを読む◆

割烹 松し満 大塚

8A887E51-E2F2-491B-BE4C-BFBABAC3F679.jpeg
新型コロナウイルスの影響でしばらくは過去記事です。大塚で今応援したい店の一つ。大塚駅前の大塚三業通にある「割烹 松し満(まつしま)」。松し満は昭和23年創業。元は料亭を営んでいた。今年72年目、割烹になって8年という。大塚は旧三業地だけに、昔は芸者さんがたくさんいた。(三業地についてはコチラ)。今でも松し満と宮川だけは芸者さんを呼ぶことができる。戦前は700人もいた芸者さんも、最後の1人になってしまった。それにしても700人とはすごい人数だ。大塚花街の規模の大きさが分かるというものだ。料亭も減り、芸者も減ったが、大塚が居酒屋の聖地と言われるのは、三業地の歴史があるからだ。こういう場所だからこそ、いい料理屋も酒場も栄えるのだろう。松し満のご主人も、若い頃はアメリカにいたりもしたが、今では料理屋を継いで暖簾を立派に守っている。

知名度はあまり無いかも知れないが、地元のお客さんからは絶大な支持を受けている。有名無名に関わらず、いい店がたくさんあるのが大塚〜巣鴨近辺だ。有名店も数多くあるが、知名度だけで優劣を付けることはできない。それが大塚という街の奥深さだと思う。ミシュランに載った「はなおか」は松し満の隣にある。こうして新旧の良店が軒を並べるのが大塚の素晴らしいところだ。

◆続きを読む◆

居酒屋 亀甲(かめや) 大塚


新型コロナウイルスの影響でしばらくは過去記事です。JR大塚駅周辺を歩いていると、様々な店が目に付く。居酒屋の聖地と言われる土地だけに有名店も多く、この土地で勝負をしたいという若い人たちも続々と集まってくる。そんな新旧の名店ばかりが話題になるものだが、大塚の本当の魅力は、大塚という土地のポテンシャルの高さにある。少し路地裏に入ると興味深い店があったり、何気なく入った店のクオリティの高さに驚くのも、大塚ならではの経験だ。「居酒屋 亀甲(かめや)」もそんな店の一つ。たぶんそれほど知られた店ではないが、隠れた名店だと思う。

それなのに、口コミサイトの口コミはほとんどないし、僕がアドバイザーをやっていたGoogle mapにも店名が出ていないという情けない状態。(隣のビルに「居酒屋」という名で出てしまう)。僕が悪い訳ではないが心が痛むので、大塚にある同じような素晴らしい店を今後いくつか紹介するつもりだ。

亀甲はこの字で「かめや」と読む。おでん屋だが、店名は「居酒屋 亀甲」となっている。居酒屋を名乗ってはいるが、料理はなかなかのものだ。レベルが高い大塚の中でも決して見劣りはしないだろう。「刺身盛り」は、関アジ、ミル貝、マゴロ、ブリ。新型コロナでどの店も大変な状況だが、今一番応援したい店のひとつでもある。

◆続きを読む◆

東京スタイルみそらーめん【ど・みそ】宅配

67A30D91-3BB3-42E7-A079-4DAA1D68A54F.jpeg
新型コロナウイルスの影響で飲食店はどこも大変な状況だ。ラーメン店の中には様々なサービスを利用した宅配を模索する動きがある。そんな中、東京スタイルみそらーめん【ど・みそ】は、独自にECサイトをオープンした。

今回は「ど・みそ3食セットらーめん+麺1玉付」(2,900円)を購入することにした。これは「特みそこってり」「みそオロチョン」「みそカレー」の3種類が1食ずつ入ったセットに、さらに麺を1玉サービスしてくれている。麺増しで食べることもできるし、鍋の〆に使ってもいい。これはありがたいサービスだ。

とりあえず「特みそこってり」と「みそカレー」を作ってみたのだが、これはかなり美味しかった。最近コンビニなどで売られている二郎系のチルドラーメンが話題になったりもするが、ど・みその宅配は、はっきり言って次元の違う旨さだ。

作り方は簡単で詳しい説明文もあるので、それを見て言われた通りに作るだけ。スープは、スープと香味油だけで完結している。水などを入れる必要がないので、誰が作っても完璧に同じ味になる。

新型コロナウイルスの感染拡大抑止に飲食店が多大な協力をしてくれているので、宅配を購入するのは我々にできる最低限の協力だと思いたい。



◆続きを読む◆
投稿日: ラーメン