中華料理 千葉家 大塚

agtflgfhs-4.jpg
新型コロナの影響でしばらくは過去記事です。昔ながらの定食屋とか町中華の実力店を見つけた時の喜びは何物にも代えがたいものです。この「千葉屋」という店は都電荒川線(東京さくらトラム)の向原駅前にあるので、都電を使う方は目にしたことがあるかも知れません。僕も散歩でこの店の前を通ったり、都電で目にしたりとかなり前から気になっていました。

長年地域に根差した店で、65年の歴史があるそうです。家族経営の普通の町中華ですが、女将さんの明るくフレンドリーな接客がとても気持のいい店です。

名物の「牛そば」(750円)を注文。「麺1.5倍、牛肉・ピーマン・キャベツの炒めたもの」とメニューに書かれています。これに「味付けゆで卵入り」(50円増し)を追加。「白しょう油ラーメン」(700円)も人気ですね。こちらは「麺1.5倍、ワカメ・玉子入り」。次回の宿題です。

席に着くと、水と冷奴が出てきます。冷奴は中華風。これはお通しということでいいのでしょうか。女将さんに「辛いのは好き?」と聞かれて豆板醤を持ってきてくれました。餃子は手打ちの自家製。こういうのもいいですね。我が家も手打ち餃子を作りますが、手打ちの皮は本当においしいです。おいしいのは分かっているけどすごく大変なんですよね。手間を惜しまない姿勢には頭が下がります。

実は店名が謎でした。外の看板は「千葉屋」、メニューは「千葉家」となっています。どっちが正しいのか聞こうと思っていたのですが、お会計の時に女将さんと雑談しすぎてすっかり忘れていました。これも次回の宿題にしておきます。

◆続きを読む◆

竹葉亭 本店

iybjasdfs-4.jpg
新型コロナの影響でしばらくは過去記事です。うなぎの老舗「竹葉亭 本店」。竹葉亭は江戸末期創業の老舗。約160年の歴史があります。ふっくらした鰻のおいしいさは格別。タレはすっきりとしていて、しつこくありません。意外と鯛茶漬けが名物だったりしますが、やはりここは鰻の店。軽く飲んで帰るにもいい感じの店です。うなぎ丼A(吸物付)2,970円、うなぎ丼B(吸物付)3,520円、鯛茶漬け2,200円。「お酒」は白鷹・山丹政宗 竹葉亭オリジナルブレンド(630円)。

◆続きを読む◆
投稿日: うなぎ 穴子, 銀座

らぁめんほりうち 新宿本店

gjlgjnutd-2.jpg
新型コロナの影響でしばらくは過去記事です。新宿の「らぁめん ほりうち」。巨大なチャーシューのビジュアルがすごいですね。ご主人の出身らぁめん満来から受け継がれたものです。らぁめん満来は数軒隣にありますが、僕はやはり「ほりうち」がいい。ほりうちのご主人は満来創業者の片腕として、創業の地から新宿まで共に歩んできました。満来が自社ビルを建て替える時に創業者が引退。そのタイミングで満来の並びにほりうちを開業しました。

自慢のチャーシューは見た目だけでなく、しっとりとした豚肉の美味しさは他店にはない味わい。中太の多加水麺と、鶏ガラと豚骨をふんだんに使ったあっさり醤油味のスープがまたくせになる美味しさです。僕はもう30年くらいずっとこのらぁめんを食べ続けています。この日も「チャーシューらぁめん」(1,300円)を注文。この店はつけ麺も美味しいです。「ざるらぁめん」(850円)と言いますが、昔は良く食べていました。最近は「チャーシューらぁめん」ですね。やはりこれを食べないとほりうちに来た気がしません。

◆続きを読む◆
投稿日: ラーメン, 新宿 代々木

チッタアルタ 後楽園

lfjmvjm-28.jpg
新型コロナの影響でしばらくは過去記事です。あのエル・ブジに2年間在籍していたシェフの店「チッタアルタ」。2009年に伝通院前通りにオープンしたイタリアンです。メニューは8,700円のおまかせコースのみ。工夫を凝らした料理が18品出てきます。エル・ブジの影響なのか、奇をてらった品が多いですね。見たことのないような面白い料理を楽しみたい人にはおすすめです。

◆続きを読む◆
投稿日: イタリアン, 茗荷谷 護国寺