「南房総の皿までなめろうプロジェクト」 道の駅とみうら

スポンサーリンク

千葉県南房総市さんのお誘いで、ブロガー企画、房州の食文化体験ツアー「南房総の皿までなめろうプロジェクト」に参加することになった。南房総といえば、まず思い浮かぶのは、「なめろう」や「さんが焼き」、それから「鯨料理」など。漁師料理を中心とした食文化の豊かな地域だ。この独特な食文化を観光振興に生かそうと、南房総市が観光プロモーションを展開している。今回の企画はその一環で、ブロガーを招待して、企画や食について意見を聞きたいという。「宣伝してください」と言われることはよくあるが、「宣伝しなくてもいいので、観光客として、ブロガーとしての生の声が聞かせてほしい」という。だから、感じたことをそのまま先方にも伝えたし、ブログにも正直に書こうと思う。
中島さん
参加ブロガーは東京駅に集合。かなり遠くに出掛けるつもりで参加したのだが、なんと1時間半ほどで目的地に着くという。房総の魚はうまい。旬の魚なんかは、築地よりもいいに決まっている。一度現地に行って魚を食べたいと思っていたのだが、東京からは遠いと思って諦めていた。でもこのくらいなら電車でもそれほど掛からない。今回は東京駅からバスで向かう。バスの方が気軽に行けるし、ツアーらしくて楽しそうだ。
写真は、この企画の仕掛け人、地方の活性化に燃える男、中島氏だ。バスの中では、今回のツアーの趣旨や、現地の人たちがどういう思いで取り組んでいるか、熱く語ってくれた。
道の駅とみうら
道の駅とみうら
びわソフト
まず最初の目的地は、「道の駅とみうら・枇杷倶楽部」。バスが停車するので、そのまま乗ってればいい。「道の駅とみうら」は、2000年に行われた第1回全国道の駅コンクールで最優秀賞を受賞した。当時の全国551駅のチャンピオンだ。名物の「びわソフト」や、「びわカレー」など、びわを使った商品で有名な道の駅。ここに寄った目的はなんと、「びわソフト」のみ。夏休みには1日1,000食出るというから驚きだ。いくら食いしん坊な僕でもソフトクリームのために下車するのはこれがはじめてだ。でもこの「びわソフト」、下車するだけの価値は十分にあった。びわソフトもびわカレーも、びわのピューレが入っている。よくある「なんとかソフト」は、なんとか風味の着色料か何かが入っているのだと思うが、ここは違う。本物のびわを使ったピューレだ。しかも、驚いたことに、道の駅の中に工場があって、びわの加工もここでやっている。取れたてのびわをすぐに加工して、そのまま商品にしている。これにはさすがに驚いた。そりゃあ、うまいに決まってる。道の駅に工場があるというのは、全国でも「道の駅とみうら」ただ一つという。
工場
お土産
工場内も見学させてもらった。この日は稼動していないが、雰囲気は伝わる。清掃や片付けは行き届いているが、空き箱はそのまま。何かに使うのだろうか。このくらいのんびりしてる方が、好感が持てるものだ。お土産売り場は、びわグッズでいっぱい。びわカレー、びわせんべい、びわゼリー、びわ石けんなどなど。僕はびわのジャムなどを購入した。
駅長
最後は駅長さんも来てくれて、道の駅の説明を伺った。これだけのこだわりある駅なので、どんだけ熱く語られるのかと思いきや、意外と淡々としている。自然体で無理をせず、当たり前のことを当たり前にやる。気負いのない確かな自信が感じられた。さてさて、次回からは、一気にすごい展開になる。これまで見たことのないもの、食べたことのないものばかりが登場する、盛りだくさんのグルメツアーの始まりだ。

こんな盛りだくさんの企画に招待してくれた、南房総市。

詳しくは・・



コチラ!

■住所:千葉県南房総市富浦町青木123-1
■電話:0470-33-4611
■営業時間:10:00~18:00
■定休日:不定休(駐車場・屋外トイレ・公衆電話は24時間使えます)

大きな地図で見る

コメント

  1. caramel より:

    おお、南房総へようこそ!
    正直、なーんもないとこでしょ?笑
    でもね、冬もそこそこ温暖で、住みやすいのよー。
    この道の駅は、たまにドライブがてら行きますよ。
    そうそう、ソフトクリームも、必ず食べます。
    へぇ、賞もらった駅だったんですね、知らなかった笑。
    ではでは、次の驚き?の展開を楽しみにしてます♪

  2. はーるん より:

    こんにちは。
    枇杷で思い出すのは「枇杷の葉茶」です。小さい頃住んでいたアパートの公園内に枇杷の木があって、風邪をひいて熱を出したときに母親が葉っぱをとって作ってくれました。あと、葉っぱを濡らしてタオルにくるんで額にあててましたね。熱を取る効果があると言ってましたが・・本当かしら^^;
    工場がある道の駅ですか!売っている商品に期待がもてますね~!枇杷せっけんが気になります。

  3. hiball555 より:

    これはいい企画ですね!
    観光による地方の活性化は自治体の課題だと思いますがブロガーツアーをやるところが出てきたとは。
    こういう取り組みは絶対効果あると思いますよ。
    既に南房総に行きたくなってきた俺です。

  4. lara より:

    くに様。
    びわソフト。つきじろう邸でも拝見して、一目惚れです。
    やっぱり、おいしいんですね。
    いい駅ですね!私も行ってみたくなってます、南房総。
    くに様目線の贅沢遠足のつづき、楽しみにしています!!

  5. みずみず より:

    くに様
    先日は南房総まで足を運んでいただきましてありがとうございました。現地で対応していたものの一人です。
    ブロガーさんのツアーは、初めて開催したのですが、ブログを拝見させていただき、“ビックリ”です。特に“魅力の伝え方”、勉強になりました。
    今回、皆さんからいろいろなアドバイスをいただきましたので、漁師メシ「なめろう」「さんが焼き」をさらにパワーアップさせ、見た目も味もラインナップも一新した料理へと発展させていきたいと思います。
    また、ブログもちょくちょく拝見させていただきます。また、機会がありましたら、遊びに来て下さい。枇杷倶楽部にもぜひ!お待ちしております。

  6. 中島淳 より:

    南房総にお越しいただきましてありがとうございました。ブロガーさんの、プロではない消費者目線の深いご視点でのアドバイスは極めて貴重なものでした。現地の方々大喜び!よくあんな短い時間で内容をモノにされますね。これからもブログを拝見し、勉強させていただきます!

  7. くに より:

    ◆caramelさん
    おー、そかそか、この辺でしたね。そんなに何もないとこって感じでもなかったけど^^;のんびりしてて、癒されましたよ。
    ◆はーるんさん
    びわの葉茶って、すごくいろいろ効用があるようですね。検索したらいっぱい出てきました。この道の駅はすごいですよ。石けんは香りがすごくよかったですよ。
    ◆hiball555さん
    まさか、自治体から声が掛かるとは!(笑)宮崎県の例もありますが、これからは地方も仕掛けていかないとですね。すっごくよかったんですが、それが記事でどこまで伝わるか心配です。まあ気になったら行ってみてもらうのが早いですね。東京駅からバスですぐですから。
    ◆laraさん
    びわソフトよかったですよ。写真がうまく撮れなくて、徐々に溶け出すスリルがたまんない感じです(笑)。日本もいいところ多いですね。まだまだ行ったことない場所だらけです。
    ◆みずみずさん
    先日はお世話になりました!
    あの強烈な個性ある「なめろう」「さんが焼き」をさらにパワーアップさせるのは並大抵のご苦労ではないですね。ぜひ見た目だけでもものすごいのをお願いします(笑)。期待しています~。
    ◆中島淳さん
    大変お世話になりました!常に時間ピッタリで行動するすごいツアーでしたね。食べ物関係であれば、どこへでも食べに行きますので(笑)今後ともよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました