神泡BAR 八重洲

居酒屋
スポンサーリンク

190212_26.jpg
ザ・プレミアム・モルツの「神泡」の魅力を体感できる店、「神泡BAR」が2月9日八重洲にオープンした。その直後、サントリーさんのお誘いで、神泡BARで新年会が催された。神泡BARという店名だけあって、さすがにここの生ビールはうまい。特に泡にこだわっていて、泡だけのビール「神泡ミルコ」なんてものまである。更にその泡にラテアートのような「神泡アート」ができる専用の機械があり、見た目にもプレミアム・モルツの泡を楽しんでもらえる趣向が凝らされている。


190212_28.jpg
190212_16.jpg
極厚ポークステーキ。赤身と脂身のバランスが絶妙な四元豚シルキーポーク。塩とこしょうで味付けして焼き上げた極厚ステーキだ。
190212_18.jpg
190212_19.jpg
190212_27.jpg
さすが「神泡」と言うだけあって完璧な泡の状態。メニューにも、「グラスの洗い方から品質管理、注ぎ方まで徹底的にこだわっています」、「腕によりを掛けた最高品質のビールをご賞味ください!」と堂々と記されている。それだけのことをやっているからこそ、この状態で出すことができるということだろう。
190212_14.jpg
190212_29.jpg
190212_30.jpg
泡だけのビール「神泡ミルコ」。泡の美味しさに自信があるからこそできる飲み方だ。
190212_25.jpg
190212_31.jpg
190212_32.jpg
190212_34.jpg
専用の機械でみごとな神泡アートが出来上がった。これはやはり神泡ミルコでやってみるのがオススメ。
190212_11.jpg
フィッシュ&チップスプレート。モルトビネガーをかけるか、タルタルソースをつけて食べる。
190212_12.jpg
チーズたっぷり燻りベーコンのシーザーサラダ
190212_15.jpg
スティックサラダ
190212_17.jpg
切り落としローストビーフプレート
190212_22.jpg
ビアチキン&チップスプレート
神泡BARは料理もなかなか凝っていてうまい。得に気に入ったのは、極厚ポークステーキ。焼き加減が完璧でビールにもよく合う逸品だ。
190212_20.jpg
190212_35.jpg
神泡アートは「神泡。BAR」と「THE PREMIUM MALT’S」の2種類。今後はお客さんがスマホで撮った写真を神泡アートにするなどのアイデアがあるらしい。
190212_24.jpg
神泡BAR限定の「ザ・プレミアム・モルツ香るエール芳醇」は、昨年ギフト限定で好評だったのを神泡BARオープン記念として、3/31まで提供している。
190212_36.jpg
神泡のザ・プレミアム・モルツ<黒>。ハーフ&ハーフもある。
190212_10.jpg
■店名:神泡BAR
■住所:東京都中央区八重洲1-5-17 八重洲香川ビルディング1F
■電話:03-5255-6771

コメント

タイトルとURLをコピーしました