投稿日:  居酒屋, 焼き鳥, サントリー企画

野乃鳥 梅味堂 (ジャパニーズクラフトジンROKU)

190419b_09.jpg
「野乃鳥 梅味堂」は阪急梅田駅から徒歩5~6分のところにある。大通りから線路沿いの細道に入って、しばらく行くと店が見えてくる。繁華街から少し離れた場所だが、なんとこの店、ジャパニーズクラフトジン「ROKU」を大阪で一番多く売っている店らしい。

ROKUは、寿司や刺身のような素材の味を楽しむ料理や、出汁を使った繊細な味付けの料理によく合う。セミナーでもそう聞いていたのだが、「野乃鳥 梅味堂」のような鳥料理で一番ROKUが売れているというのは、何にでも合わせやすいROKUの特徴をよく現しているように思う。

190419b_04.jpg
お店に入って最初に驚いたのはこのディスプレイ。こんなものを用意するくらいにROKUに力を入れているのだ。東京ではまだこんな店は少ないのかも知れない。

ROKUは、6種の和素材を使用した日本の四季を体感できるジャパニーズクラフトジン。他のジンとはかなり違う。日本のジンなのだ。

190419b_05.jpg
野乃鳥名物「ねぎどっか~ん」。まさに、ねぎどっか~んだ。播州百日鶏を使用した、創業20年の歴史の中でも不動の人気を誇るメニューだそうだ。

190419b_07.jpg
播州百日鶏 温玉つくね。播州百日鶏の特製つくねに温玉を絡めて食べる人気メニュー。

190419b_08.jpg

190419b_10.jpg
「ROKU」はバランスが良く繊細な味わいのジン。ソーダ割のようなシンプルなカクテルがオススメだ。

190419b_11.jpg

190419b_22.jpg

190419b_12.jpg

190419b_14.jpg
紀州備長炭で焼き上げた焼鳥。

190419b_13.jpg
ROKUにレモンを入れてもうまい。トニックウォーターで割ってもROKUのうまさが活きてくる。

190419b_15.jpg

190419b_18.jpg
ROKUはカクテルにした時に、より一層良さが分かる。不思議なことに、オレンジやグレープフルーツジュースと割ってもROKUの個性は消えないのだ。

190419b_19.jpg
ひょうご味どりのもも肉1枚焼き。1枚丸々のもも肉を炭火の上でじっくりとローストしている。

190419b_23.jpg
兵庫県美方郡 棚田米1等級を使用。不純物が少ない雪解け水で作られる棚田米にこだわっている。

190419b_27.jpg
播州地卵の玉子かけ御飯。播州の地卵と、その鶏が育った水で作られた玉子掛け醤油とのコラボ。

190419b_01.jpg

190419b_28.jpg
陽気な店長さん。いい店でした。また来ますね!

■店名:野乃鳥 梅味堂
■住所:大阪府大阪市北区中崎西3-3-15
■電話:06-6359-1514