投稿日:  フレンチ, 久米島

レストラン 凪 久米島

181222e_01.jpg
久米島2日目の夕食は「レストラン凪(なぎ) -Calme(カルム)-」にした。リゾートホテル「サイプレスリゾート久米島」にあるフレンチレストランだ。サイプレスリゾート久米島は、僕らが泊まったイーフビーチホテルからかなり距離がある。泊まったホテルの周辺で食事をするのが普通かもしれないが、フランス料理を食べようとすると、そうもいかない。イーフビーチホテル周辺は魚介系の居酒屋が多いので、変わったものを食べたければ、遠出をするしかないのだ。

レストラン凪は久米島の様々な食材を上手く使った料理を一通り出してくれる。コースは「夕凪」6,500円と「琉華」8,500円があるが今回は琉華にした。写真は最初に出てきた「旬の沖縄食材の前菜盛り合わせ」。美しい見た目と、久米島特産の車えびをおいしく食べさせる工夫など、その後のコースに対する期待感が広がる。

181222e_03.jpg
海洋深層水で育てた季節野菜

タクシーで観光した時に見た海洋深層水の施設を思い出す。久米島独自の物をいろいろと使ってくれそうだ。

181222e_04.jpg
地野菜のポタージュ

181222e_02.jpg

181222e_05.jpg
久米島鮮魚の一品

181222e_06.jpg

181222e_07.jpg

181222e_08.jpg
〈 お口直し 〉洋梨、スパークリング

洋梨のシャーベットにスパークリングワインを注いでくれる。

181222e_09.jpg
沖縄県産和牛

久米島の車えびと海ぶどうは日本一の生産量を誇る。久米島で育った希少な黒毛和牛「久米島牛」や「久米島赤鶏」など、久米島ならではの食材はいくつもある。

181222e_10.jpg
御飯物・汁物・香物

ここで急に和食になって驚いたが、「琉華」は和洋折衷のコース。この日が洋食メインだっただけなのかもしれない。

181222e_11.jpg
旬の果実を使ったデザート

181222e_12.jpg

■店名:レストラン 凪
■住所:沖縄県島尻郡久米島町大原803-1
■電話:098-985-3700(フロント)