投稿日:  南紀白浜

崎の湯 いでゆ反対タマゴ(鎌倉商店)南紀白浜

180101c-2.jpg
新型コロナの影響でしばらくは過去記事です。飛鳥・奈良の時代から知られた湯崎七湯のひとつ「崎の湯」は、白浜温泉でも最も古い温泉。露天風呂は海に接していて、打ち寄せる波が岩に弾けてしぶきが飛んでくる。溢れ出るお湯はそのまま海に流れ出る。まさに「崎の湯」という感じで海に突き出た温泉で、太平洋と一体になったような錯覚を覚えるほどだ。

その手前にあるのが「鎌倉商店」。温泉玉子の店なのだが、「初恋の味、キッスの味、これぞ天下一品!」「いでゆ反対タマゴ」など不思議な言葉が目に付く。崎の湯に行くには鎌倉商店の前を必ず通るので、面白いもの好きな人は素通りできないだろう。僕も気になって帰りに寄ることにした。

180101c_04.jpg

180101c_05.jpg

180101c_03.jpg
「いでゆ反対タマゴ」というのは、普通の茹で玉子は白身から固まって黄身が半熟になるけど、この「反対たまご」は白身は固まらず、黄身が固まっているから「反対」なのだという。

中に入ると、おばさまが「何個?」と声を掛けてくれる。温泉卵はすぐにカゴに入れて出てきた。やり方が分からないと思ったのか、見本を見せてくれた。側面をスプーンで数回たたいてヒビを入れると、上半分がきれいに外れた。あとはお好みで塩を振ってスプーンで食べるだけ。こういうシンプルな食べ方が一番うまいのだ。

180101c_02.jpg

180101c_01.jpg

■店名:鎌倉商店
■住所:和歌山県西牟婁郡白浜町2992
■電話:0739-42-3747
  
■店名:崎の湯
■住所:和歌山県西牟婁郡白浜町湯崎1668
■電話:0739-42-3016