投稿日:  B級グルメ, 大塚 巣鴨 千石 白山 駒込

明石焼 れもん 大塚

kdjtbl-1-3.jpg
もうずいぶん前の話になるが、神戸出身のおばあちゃんが焼く明石焼が美味しいという評判を聞いて、一度行ってみたいと思っていた。大塚の「れもん」という小さな店だった。その後、おばあちゃんが亡くなったという噂を聞いて、すぐに行っておけばよかったと後悔した。

最近、大塚三業通の店に行く機会が多くなった。大塚三業通は昔の花街の名残のような場所だ。「れもん」は大塚三業通にあって、元料亭の一家が営む、お好み焼、もんじゃ焼、明石焼の店。おばあちゃん亡き後も変わらず営業を続けている。

おばあちゃんは神戸から来て料亭を手伝っていたが、人に貸していた場所が空いたので、何かやろうということで「れもん」を開店したという。昔は今の場所の奥側が料亭になっていたそうだ。今のご主人はサラリーマンをしながら10年間店を手伝っていたので、退職後すんなりと店を引き継ぐことができたそうだ。

20071201-11.jpg

20071201-6.jpg
「明石風たこ焼(10ケ)」(600円)

20071201-9.jpg
おすすめの「れもん焼」(850円)はミニお好み3品セット。お好み焼メニューより3品選ぶのだが、お好み焼はこれだけで十分なボリュームがある。

20071201-10.jpg
「ミックスもんじゃ」(750円)

20071201-5.jpg
「赤ワイン」(グラス400円、ボトル1,800円)は、お好み焼専用?の「お好み焼(Oko-Wine)」というもので、どうやらスペイン産らしい。

20071201-14.jpg
ご主人は大塚三業通の事情にも詳しく、この界隈の店に通う僕にとって、とても面白い話をしてくれる。大塚のような街はいろんな店が繋がっていて、知れば知るほど奥深いものだ。そしてどの店も新しい世代が活躍をしている。まだまだ大塚三業通は健在だ。


■店名:お好み焼 もんじゃ 明石焼 れもん
■住所:東京都豊島区南大塚1-54-1
■電話:03-3941-6838