投稿日:  イタリアン, 茗荷谷 護国寺

タンタローバ 茗荷谷

uudlhskhd-8.jpg
新型コロナの影響でしばらくは過去記事です。茗荷谷駅近くにある桜の名所、播磨坂。この坂道には魅力的な飲食店が軒を連ねている。「タンタローバ」も春になればテラス席で花見をすることができる。美しい桜並木を眺めながら、シェフが修行をした北イタリアピエモンテ州の郷土料理を楽しめるトラットリアだ。

タンタローバは1999年にオープン。ポルシェセンターなどを運営している会社が開いた店で、他にも御殿場の「タンタローバミュゼオ御殿場店」なども姉妹店だ。

「シェフのおまかせコース」(5,775円~)を注文。小さな前菜、冷たい前菜、温かい前菜、パスタ料理×2、メイン料理、ドルチェの7品。ディナータイムはミネラルウォーターと自家製パン代として飲食代の5%が別途かかるが、それでも十分に安いと思う。焼きたての自家製パンと心地よいテラス席が名物。手打ちパスタもおすすめだ。

38DA3C49-0C47-43B4-A0AA-46AF4EC7F270.jpeg
豚の背脂のハム(トスカーナ、パルマ)

49570EEC-DC34-466B-AD5B-8C21A9523F76.jpeg
ブリのカルパッチョ(島根県浜田漁港直送)

07E6F6AD-BA60-4756-84BC-BC5DE16968BC.jpeg
フォカッチャとグリッシーニ

ahdjhkfkg-5a.jpg
温かい前菜。アランチーニはシチリア名物のライスコロッケ。中からどろっと出てくるチーズはパルミジャーノ・レッジャーノ。ソースはボロネーゼ。熱々でうまい。

D4B5A58D-E8FA-4FC3-BADB-1B5869D1143B.jpeg
キタッラ。キタッラとはギターを意味する断面が四角いアブルッツォの代表的なパスタ

ahdjhkfkg-7.jpg
安穏芋のニョッキ

uudlhskhd-8.jpg
もりおか短角牛のグリル、赤ワイン塩

EE29655B-E874-4AA5-86D1-BD5278EA0EE5.jpeg
自家製のレモンチェロはサービスで頂いた。

ahdjhkfkg-10.jpg
ビアンコマンジャーレ

4FD98F9A-5D89-405E-AF21-53E3757E2C02.jpeg
コーヒー、紅茶、エスプレッソ


■店名:タンタローバ (Tanta Roba)
■住所:東京都文京区小石川4-18-7
■電話:03-3815-1122