2009年01月21日

本町うなよし 「静岡うなぎ特集 」 三島のうなぎ

レクチャーを終えた後はすぐに1店目「本町うなよし」の取材です。三島広小路駅前から三島駅に向かって徒歩10分ほどすると、本町うなよしのある小さな商店街に出ます。この周辺には魅力的な店が多い。本町うなよしはその中でも最も人気のある店です。

090117b01.JPG
うなどん(2,300円)、上うなどん(3,100円)、特上うなどん(4,000円)の3種類があります。普通のうなどんは、うなぎが2枚。上はうなぎが3枚。特上は4枚だそうです。内容は枚数の違いだけで、うなぎは全く同じです。

三島のうなどんは大抵ご飯が多いそうで、かなり危険かな?という気もしましたが、ここまで来て特上を食べないわけにはいかないので、思い切って注文しました。特上は2枚ずつ2段になっていて、ご飯、うなぎ、ご飯、うなぎとミルフィーユ状になっています。ご飯を食べたら、その下から更にうなぎが出てくるというのがすごいですね。

090117b04.JPG
丼もかなり大きい。「やってしまったかな・・」と、このボリュームに圧倒されていると、更に肝吸い、茶碗蒸し、お新香、みかんなどが運ばれてきます。こんなに並べられても、正直食べきれないかも。

まずは1口2口じっくりと味わってみます。うなぎのおいしさは、焼き加減やタレの味がかなりの割合を占めます。三島のうなぎはどうでしょうか。タレはあっさり控えめで、焼き加減は中はふんわり、表面は柔らか過ぎない。さすがに絶妙です。

それ以上に印象的なのは、うなぎ自体の食べやすさ。嫌なアブラっぽさがなくて、さっぱりしています。タレや焼き加減を控えめにすることで、このうなぎ本来のおいしさが前面に出ています。三島のうなぎに対する自信がなければ、こういう味付けにはできないでしょう。

090117b02.JPG
半分くらい食べたところで、残りのご飯の量を見て愕然としてしまいます。三島のうなぎはおいしいけれども、この大量のご飯も平らげなければいけません。ご飯にはたっぷりタレがかかっていて、意外と軽くてどんどん進みます。ご飯に飽きたらザ・プレミアム・モルツ。しっかりビールを味わって、新たな気持ちでご飯に挑みます。

090117b05.JPG
「あら、全部食べたの~?」。お店の方が心配して、時々様子を見に来てくれていました。本町うなよしの魅力の一つは、おばさまたちの優しい接客です。はじめてなのに昔馴染みの店に帰ってきたような気分で過ごすことができます。

お昼を過ぎると続々とお客さんが入ってきます。はじめは「2階までお進みくださーい」「2階から並んでくださーい」と言う声が聞こえていましたが、いつの間にか行列は階段から1階の入り口まで伸びてきました。

090117b03.JPG
うなぎ珍味盛り合わせ(肝焼き・かぶと焼き・骨煎餅・佃煮)(1,260円)や、きも焼き(1,050円)などは、うなぎをサバく関係で15時以降でないと用意できないとのことでした。うなぎはサバいた当日分は全て売り切るため、翌日には残ってないそうです。だから朝からサバいて、肝が用意できるのが夕方ということで、今回のスケジュールではちと難しい。

それでもご主人がいろいろ考えてくださって、「かぶと串焼きであれば2本用意できますよ」と言ってくれます。カリカリとした歯ごたえのかぶと串焼き(530円)に濃いめのタレがよく合います。そしてこの濃厚な串には、香り豊かなザ・プレミアム・モルツがぴったり。軽いビールだと、ビールが負けてしまうところです。

気軽に話してくれるご主人と、暖かいおばさまたちの接客。本町うなよしはおいしいだけの店ではありません。三島に来たら必ずここに寄りたくなる。とても暖かい店でした。

静岡うなぎ特集

★★★ 静岡うなぎ特集 ★★★

■店名:本町うなよし
■住所:静岡県三島市本町1-37
■電話:055-975-0499 (0120-300-499)
■営業時間:11:00~21:00
■定休日:無休
※2009年1月17日現在

静岡県三島市本町1-37


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/460

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)