2009年03月01日

西尾中華そば ラーメン凪 渋谷

凪の西尾さんが、「今週から日曜限定でラーメンを作ります」と言うので、初日に行ってきました。渋谷のラーメン凪の店舗で日曜限定の醤油ラーメン。しかもこれが面白い。一口食べた感想が「よく分からない」でした。ほんとによく分からなかった。スープはやはり鶏がメインのようですが、かなり甘い。ただ甘いだけでなく、何やら他の風味も感じます。西尾さんに聞いてみると、ダシは宮崎地鶏、枕崎のカツオ、瀬戸内海の片口鰯の煮干しなどなど。魚介の香りは前面には出ていませんが、よく分からない部分の一つのようです。

0903a01.JPG
中華そば 味付玉子(追加)

甘味は椎茸によるもので、砂糖は使用していません。僕ははじめ「この甘味はみりんじゃないか」と思い、味見させてもらいました。江戸時代からある地方の醸造所で、かなりきちんと作っているものです。みりん自体は黒砂糖のように甘いものの、この甘味ではなさそう。

0903a02.JPG

今週は貝柱を入れた醤油ダレを使用しています。来週は海老を入れたカエシを使う予定とのことで、そうするとラーメンが更に甘くなる。その分の微調整をどうするのか楽しみなところです。スープにはアクセントに自家製の柚子七味も少し入っています。柚子の皮をもう少し入れると、気分が変わってスープも更に楽しめる気がします。

0903a03.JPG

面白いのはスープだけではなく、麺もかなりこだわっています。メキシコの焼きパン「トルティーヤ」に使うトウモロコシの粉を混ぜているそうで、ぼそっとした食感で風味がある。この麺は軽いのに存在感があって面白い。上に盛られている豆もやしと一緒にほうばって食べると食感の違いが楽しめていい感じでした。久留米や熊本の麺のように、もう少し太くすると更に香りが楽しめて面白いかもしれません。

0903a04.JPG

毎週日曜日、渋谷の凪で西尾さん一人でやっています。メニューは、中華そば750円、本日の中華そば900円、豚丼300円、ビール500円、ジンジャーエール辛口300円、(追加)チャーシュー300円、味付玉子150円などなど。一人なのでいろいろと大変です。料金も前払いになっていましたが、これも一人で営業するための工夫だそうです。

■店名:ラーメン凪
■住所:東京都渋谷区東1-3-1カミニート1F
■電話:03-3499-0390
■営業時間:11:30~25:00
■定休日:日曜・祝日
2009.03.01

東京都渋谷区東1-3-1


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/485

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)