2009年06月19日

鮒与別館ぶち 十条

「酒にこだわったいい店が十条にあるんですが、みんなでいきませんか」。酒好きなマイミク、イボクさんからお誘いがありました。この辺りは昔からの大衆酒場がいくつかある酒飲みスポット。銘柄居酒屋よりも、毎日通ってウダウダと飲める大衆酒場が似合う街です。そんな十条に、うまい酒と産直の素材を使った料理が売りの居酒屋「鮒与別館ぶち」があります。

集合時間に遅れたので、急いでお店に向かいます。「鮒与別館ぶち」と同じく駅前にある、僕の大好きな店「斉藤酒場」。チラリと中を覗くと、いくつか席が空いています。用事がなければ、早めに来てここで一杯やってから「ぶち」に行きたかった。もうかなり遅れているので、チラ見をして足早に店に向かいます。

09020701.JPG
豆酩(とうべい)豆腐の味噌漬470円

「鮒与別館ぶち」は、この場所にそぐわないオシャレな外観。若い店主のこだわりが感じられます。入口を入ると、正面のカウンターにメンバーを発見。既にいい気分で酒を囲んでいます。「地鶏シャモロック荒塩焼盛1680円」は、半分くらい残してくれていました。名物シャモロックはさすがにうまい。ここは酒だけでなく、料理も相当なものです。

09020702.JPG
カキのオーブン焼き(2個)580円

09020703.JPG
真タラ焼白子880円

名物料理は、青森三戸産のシャモロック鶏刺しや、熊本産の馬刺しなど。鮮魚も産地直送の活きのいい素材が揃っています。我々は焼き物を中心に注文。「カキのオーブン焼き(2個)580円」、「真タラ焼白子880円」などをつまみます。

09020704.JPG

09020707.JPG
メニューには珍しい酒が多く、而今、十四代、王禄など、よくある銘柄もあります。カウンターに陣取った我々は、厨房のご主人に相談して酒を決めていきます。「ぶち」のカウンターは特等席。ご主人に好みを伝えると、適当に見繕ってメニューにない酒も持ってきてくれます。

幹事のイボクさん中心に、珍しい酒を次々と注文。僕は大好きな雄町の酒、「小左衛門1,200円備前雄町」にします。ご主人がオススメを持ってきて、カウンター上にドンと置いていきます。その中から選べば外れはない。なんと気持ちのいい店でしょう。

09020705.JPG
春野菜の天プラ盛合せ800円

09020706.JPG
ズワイガニのカニ味噌和え680円

「豆酩(とうべい)豆腐の味噌漬470円」、「春野菜の天プラ盛合せ800円」、「ズワイガニのカニ味噌和え680円」などもいい。シメは釜飯を注文。「カキの釜飯980円」、「地鶏シャモロックの釜飯980円」をみんなで分けます。

酒も料理もうまくて、値段は高くない。ついつい、いつも以上に飲んでしまいました。それでも一人6,000円くらい。さすがに十条価格なのでしょうか。こんな店が近くにあったら確実に通ってしまいます。

■店名:鮒与別館ぶち
■住所:東京都北区上十条2-31-10
■電話:03-3900-1274
■営業時間:17:30~00:00、祝日:~22:00
■定休日:日曜日


大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/526

コメント

え?この時期にこんなに立派な鱈の白子があるんですか???いやびっくりです

なんと素晴らしい酒肴の数々。。。
朝から喉が鳴ります~。

くにさんが飲んで6000円とは(笑)
これはいかねば・・・

それにしても十条というところ、この店といい、斉藤酒場といい、行きたい店がどっさりです。

こんにちは。

もう、見ているだけでお酒が飲めそうなお料理の数々・・もちろんお酒なしでも食べたいですがやっぱり日本酒が欲しくなります!友達でお酒が飲めなくても美味しいものと楽しい時間を過ごせそうな素敵なお店なんですね。

お若い店主なんですか?そうとは思えないお料理やお酒のそろえですね・・素敵すぎます★☆

◆旦八さん
だとしたらビックリですが、そんなはずないですよね。記事中にも書いてますが、訪問日は2009.2.7です。

◆M(エム)さん
僕以上に飲む人もいて、6,000円ですから、すごいです(笑)。

十条ツアーも面白そうですね♪

◆はーるんさん
しかも店主イケメンですから、かなり素敵な店だと思いますよ(笑)

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)